いしやん@GARAGE LIFE
   いしやんの運営する「KsGARAGE」の紹介、現在のガレージ内:KAWASAKI W1SA:SUZUKI GR71A(カタナ逆輸入):HONDA NX125他
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いしやん@W1SA・KATANA

Author:いしやん@W1SA・KATANA
ダブワン+SC!!

W1SAのパーツ

KATANAのパーツ

サイドカー

お勧め オークション

ガンマ

ランドナーパーツ

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 玄関前に巨大な薪置き場を作る
冬の豪雪に備え、なるべく玄関に近い場所に薪小屋を作る。
3年前から乾燥しているエゾ松。
conv0003_20160911231122847.jpg

ホームセンターで単管を買って作ろうかとも思ったが、こんなものに1万近くかけるのも馬鹿らしいので
愛機ハスクバーナーに任せる。
conv0004_20160911231123af7.jpg

さくさくっと 丸太を半割にして、トーテムポールでも作るのか?
conv0005_201609112311253e4.jpg

溝切る、こんなんお手の物。
conv0006_20160911231126155.jpg

みてくれ関係なし、どんどん作業を進める。
conv0007_201609112311288ef.jpg

これで多分1カ月分くらいの薪の保管できる。
conv0008_2016091123115359c.jpg

高さ300センチ横幅300センチ でかすぎた。
1時間半で終了。
薪積みした後の写真は後日UP でも薪運びが最大の難関!
薪運びで1カ月かな(汗)

conv0003_20160916164224556.jpg
そして、薪運び1週間 日/車1台分 でこんな感じ 

次の現場はさらにこの4倍ほどのスペース(笑)

終わりなき戦い・・
スポンサーサイト
【薪ストーブ】我が家の暖房 | 固定リンク | レス:0
(2016/09/11(日) 23:22)

 排気ダンパーを付けてみる
薪ストーブに火を入れるにはちょっと早いが、火が付点いていない時に換気扇などに引っ張られ臭いが逆流する。そこで、排気を調節するダンパーを付けてみた。
conv0001_20131004223231037.jpg
煙突の中間に、穴を開ける。
conv0002_201310042232322f3.jpg
conv0003_201310042232341a9.jpg
こんな感じ
conv0004_201310042232365f8.jpg

これが、ダンパーを開けた状態
conv0006_20131004223256a8c.jpg

これは閉めた状態。写真では全く解らないが、炎がゆらゆらとオーロラ現象が起こる! 面白い! 
conv0005_201310042232294cf.jpg


ただ注意は、ある程度ストーブ炉内が高温で燃焼している事が必要。オーロラを見たくて(見せたくて!)いい気になっていると、単に炭焼き工場となってしまう。
【薪ストーブ】我が家の暖房 | 固定リンク | レス:0
(2013/10/04(金) 22:44)

 恐るべし中華系「チェンソー5200」
先日某オークションにて「チェンソー5200」なる商品を購入。落札金額はなんと1,008円 送料、着払い手数料を入れても5,000円しない。では、実際に使えるのかというと、これが結構いける! ただ、新品だが整備が必要(笑)

conv0001_20130913005522200.jpg
conv0002_20130913005525c6d.jpg

このチェンソーはほぼ100%オイルポンプのウオームギアがねじ切れていて、チェンソーオイルが出ない(チェンに潤滑しない)という症状が起こる。チェンソーオイルが出ないという事は、どうなるかというと、使用するとほんの10分で、チェンが熱変形を起こし、それは怖い経験がもれなく出来るでしょう(笑)
では、その整備(新品なのに)についてお伝えしましょう!
まずは、スターターカバーを外す!
conv0004_201309130055309a9.jpg
こんどは、反対側のクラッチプレートにバイスをかけて
conv0006_2013091300555647d.jpg
画像の様にレンチをかけてクラッチプレートを外す
conv0007_2013091300560015f.jpg
簡単に外れる さて・・・・
conv0008_201309130056023b3.jpg
問題は ココ ↑↓ この乳白色の樹脂ギアが 削れている そもそも新品状態なのにNG
conv0009_2013091300560534e.jpg
要は、何のためにこの部品を付けるのかさえ、わからずに組んでいるのだろう!
conv0010_201309130055541d4.jpg
しかも、オイルポンプの吸い込み口に普通は当たり前に付いているフィルターすら無い。
conv0011_201309130056358d1.jpg
指を突っ込んで、オイルタンクを探るが外れている気配もなし。仕方ないので女性用ストッキングで代用
conv0012_20130913005637375.jpg
conv0019_20130913005715a67.jpg
問題のパーツ 新品状態で一度も始動していないが、すでにギアが欠けている!強引に押し込んだのだろう。そもそも組み込み段階で知識が無さすぎ・・・を伺える。

conv0013_20130913005640b3b.jpg

また、使用しないとき正置きしておくと、ほぼ100%オイルにじみが床に出来る。このオイル漏れの原因は100%ここ↓
このオイルポンプと本体との間に液体パッキンなどで固めるとOK!
一番良いのは使用後にオイル、ガソリンを抜いておくこと。
conv0014_2013091300564210f.jpg

さてココからが加工編
ポンプの取り付け穴を棒やすりで広げる。ポイントはオイルポンプ側のギアがなるべくクランクシャフトから離れる位置(0.5ミリ程度)に楕円に穴を広げる。
conv0017_20130913005710e16.jpg
裏面をグラインダで削り、オイルポンプの取り付け位置の調整が出来るようにする。
conv0016_201309130057083f6.jpg

樹脂のウオームギアを回したときに、オイルポンプが回る位置に調整してやる。
conv0020_20130913005739f83.jpg
↑オイルポンプの先に指をあて、樹脂ギアを手回したときに空気が出るか確認しながら取り付ける。
新品状態では、このウオームギアがかじりついていて回らない。強引に押し込まれている状態である。
↓その証拠に、破損したギア部品が出てくる!
conv0021_20130913005807411.jpg

さらに、全然役に立たない ブレーキ何ぞは外す。
conv0022_20130913005805e37.jpg
更にいうと、チェン調整用のネジはほとんど機能を果たさないので、止めネジ(四角形)をペンチで取り外す。共回りしてしまい、意味が無い。

修理(新品なのに)ポイントは3箇所
1、オイルポンプのウオームギアの位置調整
2、チェーン調整用ネジ自体の調整(笑)
3、結局ブレーキをかけっぱなしになってしまうブレーキの取り外し

要するに、このチェンソーは
1、オイルがちゃんと潤滑されない
2、チェンの遊び調整が出来ない
3、ブレーキが固着
4、更にいうと、スターターのワンウエイクラッチの樹脂の破損により紐が戻らない
などの現象が起こる。

しかし、事前に修理(調整)することにより、十分使用できる逸品となる。

なにしろ52CC(正確なのか不明)なので非常に力がある。
また、よくわからないソー(ヤンウエンとか?)もなかなかの切れ味
それと、非常にかかりの良いエンジン。

エンジンのかけ方ですが・・・・チョークを引き、ロープを引く、2~3回で必ず初爆が来るので、チョークを戻し1回でかかる。そりゃ、ホームセンターなどで売っているチェンソーよりびっくりするほどエンジンのかかりは良い。

ただ、大きな問題は、燃費が悪い。というよりこの燃費の悪さは異常・・・丸太3本程玉きりするともうガソリンが切れる。しかもタンクもでかい。カブなら十分1日ツーリングに行けるくらい。

もし1万なら買わないが、落札額が1000円足らずなので、支払った分の30倍くらいは仕事する。
恐るべし 中華系・・・・


新品箱入りで届いて、一度もエンジンもかけず、この作業が出来る勇気がおある方であれば、絶対にお買い得。
くれぐれも、自己責任で・・・下手すると大怪我しますので一応お伝えしておきます。

【薪ストーブ】我が家の暖房 | 固定リンク | レス:2
(2013/09/25(水) 21:45)

 気づいたら2013年 秋(9月)になってしまった。
みなさんこんにちは!ブログがまたまたフリーズしている内に北海道は秋となりました!
7月・8月はいろいろ忙しくてアタフタしてました。やっとどうにか冬の準備を開始・・・

201309080001.jpg
最近は、こんな事やってます!(毎年同じか!・・・)
201309080002.jpg
てなことで、薪ストーブ燃料がどんどん積みあがっていきます!
201309080005.jpg
薪小屋も一杯に、今年は雪の吹き込み除けを内側からタッカーで留めたので、大分良くなる事に期待!

やっぱり、油圧薪割り機の威力は絶大!とんでもなく硬い「ハルニレ」も問題なくパリパリ割れる。
薪作りには、チェンソーの次に重要なアイテムかも!
201309080003.jpg

玉切り、今年から48㎝にした。もう35㎝に切るのやめた!その理由は後日UPします(ホホっ)
201309080004.jpg

ところで、このきのこの生えた切り株(多分、楡か桂) どうにもじゃまな位置に、でもチェンソでは刃が立たない!
201309080010.jpg

こんな楡の木も問題なくバコバコ割れます!本当に薪割り機は楽!でも、薪割り機に乗せるのが大変 重くて!
201309080014.jpg

今年はこんな物も購入、今まで25:1なんて適当!でも一応ちゃんと計測する事にした。2STオイルなんて一番安い物をチョイス!
201309080016.jpg

次の薪置き場!はココ 雨のかからずなるべく風通しの良いとこをチョイス
201309080007.jpg

第二の薪置き場、これは去年物なので、今年使えそう!
201309080006.jpg

見上げると屋根に覆いかぶさるシイの木 ここまででかいと切れない!
201309080009.jpg

こんなのが突然訪問
201309080011.jpg
201309080012.jpg

岩をひっくり返すとなんか、化石が入っている。これは何だろう! 判る人教えて! 白亜紀とかジュラ紀とかかな!
201309080013.jpg

チェンソーは、格安の中華製パチモンでなくて、こんなにやってるんだから、ハスクかスチール使えば!と言われ! 先日ハスクの超いいチェンソーを借りてみた。こっこれは、タイヤが点いているだけの4輪車とジャガーくらいの違いだな、と感じ 現在ヤフオクで探し中。狙いはチョイ古いジャンク品でよし!2STなので、シリンダー、ピストン、クラッチ、キャブなど全部新品OHして見たいと思う! また、詳細は後日。

【薪ストーブ】我が家の暖房 | 固定リンク | レス:0
(2013/09/08(日) 18:26)

 薪ストーブ【煙突編】
本格的に冬になる前に錆び付いて穴が開いてしまっている煙突をどうにかしなければ・・・・
まずは、煙突の土台を作成
conv0001_20130608133849.jpg

このまま、一週間ほど置く
conv0002_20130608133853.jpg

エントツの先端はもう朽ちてしまっているが。ブラシで擦って再利用
conv0010_20130608133911.jpg

conv0006_20130608133914.jpg
conv0007_20130608133918.jpg

このあたりももう完全にちぎれているが、溶接する。
conv0008_20130608133920.jpg
conv0009_20130608133922.jpg

はい掻き穴も作成して、蓋が締まるようにする。
conv0015_20130608133932.jpg

conv0011_20130608133934.jpg

エントツの土台の鉄板は、鉄板から切り出す。
conv0012_20130608133935.jpg

非常に根気の入る作業である。
conv0013_20130608133938.jpg
conv0014_20130608133940.jpg
conv0016_20130608133950.jpg

これで、完成!しかし、当然1人では持ち上げられない。恐らく200キロはある。
鉄厚 5ミリ、直径300ミリ
conv0015_20130608133932.jpg

秋はもうすぐ!!
conv0017_20130608133948.jpg

【薪ストーブ】我が家の暖房 | 固定リンク | レス:0
(2012/11/01(木) 00:00)

次のページ
copyright © 2005 いしやん@GARAGE LIFE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。