いしやん@GARAGE LIFE
   いしやんの運営する「KsGARAGE」の紹介、現在のガレージ内:KAWASAKI W1SA:SUZUKI GR71A(カタナ逆輸入):HONDA NX125他
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いしやん@W1SA・KATANA

Author:いしやん@W1SA・KATANA
ダブワン+SC!!

W1SAのパーツ

KATANAのパーツ

サイドカー

お勧め オークション

ガンマ

ランドナーパーツ

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 【N360】 なにっ!電磁ポンプが?

本日 朝、N360に火をいれ、いつものようにアイドリングを5分程しておく、いざ走行というときに


EG停止 全く動かない どうやら燃焼室にGSが行っていない!早速キャブフロート部を開ける。


すると GSがない! キーONする。今度は電磁ポンプが回らない!


「うっ・・・・」ということは、もしかすると2饅コース


昔、一度 キャブフロートがニードルバルブを押し上げた状態で固着し、GSが流入しない事件があったが、こんかいもアイドリング状態からの停止だったので同様の事件かと思ったら、どうやら「電磁ポンプが回っていない様子」


さて、ポンプの分解とする。まず、バッテリーと直結する。。。。回らない。


マイナスDRで接点部に触れる、火花を上げながら振動を起こす、しかし、はずすと回らない。


これは、接点ギャップの問題だなと推測し、


分解。 接点部の確認。。。。。少々削れているが。このくらいならポイントギャップの調整でどうだ。


早速 精密マイナスDRとシックスネスゲージで測定する。が、まてよ、接点ギャップを測ったとこで 標準はなんなんだ? だいたい、電磁ポンプはOHしていいんか?


と、おもいつつも、全バラする。


ひとまず、接点を真鍮ブラシで掃除し、#1000くらいのペーパーをCRCと共にかける。


と、電磁ポンプが勢いよくGSを辺りに撒き散らしながら回転を始める。


接点を支えるバネ台座のプラスチック部が熱で変形していることから、おそらく今回のGSライン詰まりによる電磁ポンプのまわしすぎで焼きつきを起こしたんだろう。


然るに、現在装着のポンプも(純正品番ではないため「TODAY」用と思われる)そろそろ、交換時期か?


1.5饅するんだよな? どうしましょ!


電磁ポンプ00073



本日、タンククリームが来た!


そいつで、タンク洗浄とコーティングを。。。次回ご期待!


スポンサーサイト
【N360】のレストア | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2006/09/23(土) 09:41)

 【N360】  やはり燃料系統か?

前回、燃料フィルターを新品交換したが


この症状は単なるフィルターの詰まりだけではなさそうだ!


【トラブル症状-1】 高速走行(60km)で走行中息切れを起しEG停止


【トラブル症状-2】 走行を始めて4キロぴったりで停止


【トラブル症状-3】 EG停止状態時に、電磁ポンプがうなりをあげたままになる


【トラブル症状-4】 暫くするとポンプが止まり 問題なく走行できる


【トラブル症状-4】 が、しかし 2.300メートル走行後停止


 


といった、症状が続き 通勤N360は時には職場に遅刻という悲劇的な症状をもたらす。


 


さては、原因は!


 


メカニシャン 山○に電話してみると!


「そりゃあ、電磁ポンプ換えてもダメ 燃料系統の詰まりだな」


との あっさりとした意見


そこで 


電磁ポンプ00073


この燃料フィルターまで来ているフエルラインをはずし


エアーで吹いてみた!


N360 燃料展開図


この燃料系統展開図(自作)をみて説明しよう!


GSは A GSタンクから B 一部メタルホースの燃料ラインをとおり


C フィルターで最終ろ過され、D電磁ポンプで吸い上げ E キャブへと


流入する。


しかし、AのGSタンク内の経年による錆びが矢印のように 吸い込まれ


Bのフエルラインにて詰まりを発生


Cのフィルターは新品にしたものの 


Dの電磁ポンプまで流入しない。


ただ、今回の症状は Bのフエルラインが全く詰まってしまったわけでなく


Dの電磁ポンプが引っ張れなくなる程度の詰まりと考えられる


然るに


高速走行中の GS加給の時には エンジン停止してしまうが ゆっくり流している分には


問題が出ないという 厄介な症状である。


そこで


Cのフィルター側からタンクに向け エアーを注入


勢いあまり タンクキャップ部から ブハーと約3L程のGSが飛び出した!


いい気になってさらに高圧エアーを注入すると GSが放射能のようにガレージ中に


飛び散った 悲劇になる寸前であった。


さてさて


元に戻し 走行実験!


片道10キロ走行してきましたが全く問題なし


今回は 限りなく 応急処置 


エアー 一発でおわり。


次回は 「タンク内のサビ取り編」、リフトアップとマフラーを外さないと作業できないところが難!


 


 




 


実は カタナで中央道を走行中に ほぼ同じような状態になったことを思い出す。


当時フエルラインに、高級な燃料フィルターを付けて、そのフィルターが外部から見える様


かっこよく、キャブのサイドまでラインを延長していた。


 高速走行を始めると EGが死に、路肩に停止すると 復活するという


極めて戦闘態勢が苦手なバイクであった。


症状としては、フエルラインがキャブのフロート部より下に回り込み、GSを吸入できない


状態になってしまった。


当時、高速のバス停でガソリンホースをアーミーナイフでカットし適正な長さにして


取り付け直したことを思い出す。


 




【N360】のレストア | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/09/15(金) 22:46)

 マグマ紀行-2【道南・蟠渓温泉-オサルの湯】

R435を洞爺湖方面から向かうと 壮瞥町のはずれに「蟠渓」という集落がある。


長流川(サルカワ)の橋を渡り 国道が直角に左折し左側の赤い橋からみえる。


osaru-1


源泉は至る所にあり、上流部から連写したのでレポートします。


1の湯


osaru-2


明らかに手作りの湯船 しかし 足湯程度(藻が多い) 増水したらなくなる。


このあたり、岩がすべて温かい


寝転がれば 天然の岩盤浴である。


時間があれば スコップで掘ってみたい!


 


2の湯


osaru-5


ここは、この湯船の右側の源泉から引き込んだ手作り湯船 


先ほどまでカップルが大胆に入浴していた、聞くと源泉湯船は熱くては入れないのだそうだ。


3の湯


osaru-1


ここがメインといったところ、増水時と冬にはいいかも、バケツがあれば温度調節できる。


コンクリで簡易製作されている


4の湯


osaru-6


 ここは、岩くりぬきタイプ 道路に近いので 重機があれば、簡単に出来るのだろう


しかし、ここは、ぬるくしかも、湧き出る量が少ないせいか、藻の住みかとなっている。


もし、ココしかないならトライするが・・・しかしな。


5の湯


osaru9


一番 深くて温度もちょうどいい 5番目の「巨石の湯」に入湯する


足元から源泉が出ており 気をつけないと火傷する。


噴出し口には巧妙に丸石がおいてあり、五右衛門風呂の醍醐味である


ただ、目の前の巨石がずり落ちてきそうでビビル!


源泉吹き出し口に湯船があり、しかも、


大人2.3人いれば30分ほどで出来そうな湯船で野趣抜群である


6の湯


osaru-7


ここは、微かに温かいが、藻がおおい。


 7の湯?



osaru8


と思ったらここは、上にある湯治場の排水出口(温水)である


全体図(上流より)


osaru-4


夏はわかりずらいが 雪の季節はこの辺りのみ雪が融けて湯煙となっているだろう


 


行き方だが、支笏湖方面からトライする場合には、


北湯沢温泉の 第2名水亭 第一名水亭 ホロホロ荘 を脇に見て進み


セイコーマートを過ぎ 右に赤い橋 右手に


osaru12


という温泉設備があるので このすぐ裏手の川原である。


osaru11



これが、入り口の看板(錆びていて全く判読できない)


駐車場の注意書きには 「ここは駐車場以外の利用を禁止します」とある


要は、キャンプするな とのこと、近くの公園でチャリダーがキャンプしていたが


 


【アクセス】 ★★★  




【野趣度】 ★★★★★




【温泉泉質】 ★★★★




【総合評価】 ★★★★★    (最大5個 ★が多いほど感動が多い)


 


国道脇で、よくある普通の川で脱衣設備はないとこが○


年に数回の増水のたびに湯船が流れるらしい。


この辺りは 洞爺湖温泉、北湯沢温泉、オロフレ峠を越えれば登別温泉と


温泉街が近く、あまりこのような野趣野天風呂は注目されないのかも知れない。


 


【マグマ紀行】北海道編 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/09/15(金) 00:01)

 マグマ紀行-1 【道南・平田内温泉-熊の湯】

わたしは温泉が好きである!


しかし、入浴そのものが好きなのではなく


温泉が吹き出す 地形、地層を研究したり


化石やその地形の歴史的な足跡を辿ったりするのが好きである。


然るに


温泉とは?と聞かれると


 自分なりの定義がある。


1、源泉が湯船に直接流れる又は 湯船底から湧き出ている


2、源泉かけ流しだが、湯温調節の為の川水はOK


3、噴出し、または、染みだしている源泉から パイプラインは不可


3、湯船が人口建造物でない


4、温泉というからには源泉の温度が高いこと


となる。


 


hiratanai-1


この 平田内温泉-熊の湯はその必須条件をすべてクリアしたすばらしいい温泉である。


だが、


3、の湯船は岩掘削の人工建造物である。


 


R229を熊石町に入ったら平田内温泉の看板があり間違いなく判る


とても難易度の低いアクセスである。


途中右手の「青少年旅行村キャンプ場」と「国民宿舎ひらたない荘」が目印


5キロほど登ると道は行き止まりとなる


hiratanai-2


歩くこと100メートル程


要は 国民宿舎等の温泉旅館の源泉採取場である。


hiratanai4


ブロック建物の左手に 源泉湧き出し場があり ワクワクする。


ここは 直系50センチほどで 何にも利用はされていない。


ボコボコと楽しい


hiratanai5


湯船を上から見たところ 


hiratanai6


川の上流部から


9月とあって 虻もいず快適である。


かなり熱いが、ホースから沢水が出ているので 10分もかき混ぜれば


子供でも問題なく入れる。


源泉は岩の割れ目から 間欠泉となり、小康状態時に一揆に入浴すべし。


この日、夜9時過ぎにも行ったが たった一人でかなり怖かった。


翌朝、5時頃にも行き完全に家族風呂状態で 


満喫できました。


hiratanai-3


翌朝AM6時頃


駐車場にもどると車が2台、しかし温泉には来ないのでどこに行っているのだろうか?


と思っていた、が、ここは白水山(1136M)の登山道入り口である頂上からは日本海


奥尻島が一望できて、かなりすばらしいとの事、山の難易度はそう高くないが


もともと、羆の生息地なので 鈴、笛、ラジオ、爆竹等は準備必要との事


 


 


【アクセス】 ★★  


【野趣度】 ★★★


【温泉泉質】 ★★★★


【総合評価】 ★★★★    (最大5個 ★が多いほど感動が多い)




【マグマ紀行】北海道編 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/09/14(木) 23:22)

 【N360】 走行中突然電磁ポンプが・・・・!

[N360 先日走行中突然 吹けなくなる] 


症状はガス欠状態 路肩に停止し再始動と、メインスイッチを入れたとたん、電磁ポンプがうなりをあげる 音としては モーター音、さて、電磁ポンプがいかれたか? ひとまず 電磁ポンプの新品社外品の価格をサーチすると なんと 14000円也。


こっ これはいいかん とのことで、本日のOFF日を利用し ばらしにかかる。


電磁ポンプ0001


アッセンで摘出した状態、なんら、問題はなさそうだが、フエルフィルターが茶色いっぽい


やはり、つまっているのか?


電磁ポンプ0003


ひとまずポンプ自体を バラバラにする。つまりがありそうな部分はすべてエアーを吹く!


問題ないようだ!


電磁ポンプ0004


スイッチ部も点検!ポイントのような接点部があるが 焼けたような跡はない!


ワコーズの接点復活剤をシュと一吹きおまじない!


電磁ポンプ0002


信頼の三菱電機製の様である!


電磁ポンプ0008


下がNEW 1050円 上が使用品 明らかに違う 


電磁ポンプ0005


フエルラインは熱により腐食 炎上は避けたいので 対策!


電磁ポンプ0006


これは、GSX750Eから摘出したFブレーキホースの純正品 この スプリングを利用


電磁ポンプ00073


画像では見えずらいが 下部にスプリングにて囲ったホースを施す!幾らか熱対策&擦れ対策となったか!


電磁ポンプ0009


これは、あると便利な一品 主にバイク用だが N360には汎用性ある、耳が広がっていて、純正より使いやすい。


ひとまずこの状態で メインスイッチを入れる 前述のように かなり大きなモーター音がする。


ということは、電磁ポンプ不良ではなくガス欠状態=フエルフイルターの詰まりと判断!


GSタンクからのホースを繫ぐと程なく電磁ポンプが落ち着く、どうやら、GSが順調にキャブに回ったようだ。問題なく始動する。


牽引してくれた職場の先輩 ありがとうございます。


 


では、さて 本題 [ マスターシリンダーノ分解整備 ]


マスター0001


これまた、手の入りにくいところにある。まずは、エアクリケース ブロバイホース等 邪魔なところをはずす。


マスター2


マスターシリンダーをはずした状態 状態はよさそうだが


マスター3


バラして 順番にウエスに置く が 何かが違う というより セオリーどうりではない


中央の 「みかんの皮を剥いて輪切りにしたようなゴム部品が変な位置にある」


マスター006


PLを見ると (5の左側パーツ)が2と3の間から出てくる ムムッ さては やはり マスター本体の底部に張り付いている何かがある 最初は マイナスDRでツンツンすると 感触がどうみても アルミの本体とは違う やわらかさがる。


マスター005


ピアノ線を引っ掛けて引っ張り出す たいそうくたびれた ゴム片である。


ということは 前の整備士さんは このパーツを残し 余ったパーツを途中に入れてしまったのか・・。今まで 一踏目が底付するブレーキングの原因はここにあったか! ポンピングブレーキが身についてしまったが・・・。


マスター013


途中、2番部品底部の花びらが欠けていた! 花びらはフルードに混入していた!


こんなもん パーツでないので このまま使うとする!


マスター009


組み終わり、取り付けの前に水分混入防止のため グリスUPを行う。


マスター0010

ついでに エアクリも吹いておこう!


 


 


「高評 ★★★★」


短時間で終えたことに 評価高い しかし 花びらが1つないのは もともととしても 追い討ちをかけて2つ折ったのはペケ。 マスターシリンダー内の腐食が このくらいは想定内と 見てみぬ振りしたところが★5つにならない理由! 新品交換したら、たけえぞ だけど 安心だぞ! 神様 ヤフオクさま って感じ! 


次回は やはり マフラーの手直ししたいかな!


おいおい 板金しねえのか!


 





【N360】のレストア | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/09/04(月) 21:34)

 【N360】 ブレーキキャリパーOH術

 


キャリパーの点検をするが 間違いなくOHの必要があるだろうと パーツの準備をしておく


今回はフロントキャリパーピストン左右及びリアキャリパーOHキットを取り寄せる。


まずは面倒な(FFな為)フロントから



N360ブレーキ00001



右がN3用NEW左が現行 しかし 明らかに違う


N360ブレーキ00002


下から見ると 溝がない(NEWには)


N360ブレーキ00003


だが 遊動部に違いがあるものの 長さは一緒 ドライバーの先部の位置、HONDA以外にも特にKAWASAKI、SUZUKI系によくあるパーツの共通化だろうか!KAWASAKIの場合は対策とも言うが!(予断 以前 Z200のスターターワンウエイクラッチ不良の修理をしたとき、どう考えてもオイル不足の焼き付きだった、代替部品を注文したら オイル通路が空いている対作品が来た等々)


N360ブレーキ00004


シリンダー内壁は↓メタコンがいい アルミ磨きには 迷わずこれ ワコーズ製品ってホントいいよな!


N360ブレーキ00006


指の先につけて ごしごし しごく! 指でやると 1ミクロンのガタもわかるだよ


大体指先ってのは 髪の毛一本でもわかるらしいでよ!


N360ブレーキ00007


 


施工前 


N360ブレーキ00005


施工後 ↓


どう!ピカピカ!


中がキズなけりゃOKOK


大体が フルードの(化合物)の固着なので マイナスドライバーで擦ったり ペーパーしたらダメ



N360ブレーキ000016


NEWピストンを組み込んだところ


N360ブレーキ00009



プレートもフルードの固着のみなので 真鍮ブラシで結構きれいになる ダンボールの上で擦る


N


組み込んだところ 確かに NEWキャリパーピストン側に溝がない


ライフ360等と共通パーツなのだろうか?


でもさ、こんな(ちゃちい)部品でいいんかい?


今までのどんなバイクよりちゃちいキャリパーだぞ!


(こいつは、実は乗用車だということを忘れていた)


N360ブレーキ000010


 


これ↓、便利だよ アストロとかで売ってる 1組買えば おそらく一生もん


このほかにOリングセットも所有しているが これは あまり汎用性なし


N360ブレーキ000012


続いて リアキャリパー リアの場合 左右違うので ナメたら=アウト NEWパーツはヤフオクを駆使してもまず見つからないぞ!



N360ブレーキ000013



キャリパー遊動分のクリーニングにウエスを使用したが こんなことしてたら日が暮れる(もう暮れてる)


N360ブレーキ000015


 


そこで バイスにかまし シコシコかまし


N360ブレーキ000014


ピストンは再利用 フルードには吸湿性があり とくに ブレーキホースはパイプで構成されているR側はさびが多い!


N360ブレーキ000017


 


今回交換されたのパーツたち  



N360ブレーキ00013


「評価 ★★★」


なぜかというと 腰痛いので 


次回は 本家 マスターシリンダーの分解整備編


追伸 フルードは1リットル準備すべし! 使用2割 廃棄8割(もったいなし)


 


【N360】のレストア | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/09/01(金) 23:17)

copyright © 2005 いしやん@GARAGE LIFE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。