いしやん@GARAGE LIFE
   いしやんの運営する「KsGARAGE」の紹介、現在のガレージ内:KAWASAKI W1SA:SUZUKI GR71A(カタナ逆輸入):HONDA NX125他
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いしやん@W1SA・KATANA

Author:いしやん@W1SA・KATANA
ダブワン+SC!!

W1SAのパーツ

KATANAのパーツ

サイドカー

お勧め オークション

ガンマ

ランドナーパーツ

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 【マグマ紀行-4】杯温泉はちとしょぱい!
2009年8月24日
「僕は旅立つ!東へと向かう列車で♪」
いや、GF250でいざ 積丹!
バイクの状態チェックとキャブ調整のためにロングラン

200912120039.jpg
まづ、一気に小樽まで

200912120001_20091212231151.jpg
石造りの倉庫が似合う街--おたる!!

200912120002_20091212231205.jpg
R5でいざ余市方面へ、途中 ★に★ほ★ん★か★い

200912120003_20091212231220.jpg
やっぱ海はいいねえ!GFも調子いいしねえ!

200912120012_20091212231250.jpg
積丹の入り口、弁天岩?恵比寿岩? まあどっちかな!

200912120027.jpg
いや、22年ぶり!22年前はこんなに細くなかったぞ!
これは、近々絶対倒れる!いくら天然の岩とはいえ おかしすぎるよ絶対!
あすこ蹴飛ばしたら倒れるぞ!

200912120031.jpg
途中、ローソク岩が見える場所で小休止!
200912120032.jpg
あの岩もなあ!なあんか、いろいろな思い出があるなあ!
岩見て物思いにふけられる俺って何!
いろんな場面=青春ってやつ
岩なんだもんな!あれっ ローソク岩
なあんでだろうね!
あれっ
なんでああなってるんだろうね!
自然に出来たなんてしんじられねえよ!って
22年前の俺はこの場所で、相棒のナナハンと会話してオートボーイのシャッター押したんだろうな!
自然じゃなかったら、誰が、何の為に!

200912120033.jpg
崩落事故の記憶も新しい「豊浜トンネル」はこの先
当時はココを走った。この辺りのトンネルは出口で急カーブだったり、入り口に信号機があったり、旧中仙道の和田峠や乗鞍の釜トンネルのように非常に危険だった記憶がある

200912120034.jpg
ローソク岩を横から見る!

200912120035.jpg
旧国道229 豊浜トンネル出口付近

200912120036.jpg

200912120037.jpg
昔、利尻富士山頂から見たイカ釣り船の明かりがきれいだった!
真近で見るとけっこう感動!

200912120038.jpg

200912120040.jpg
なあんとなくちとひわいな岩

200912120041.jpg

200912120042.jpg
今、ほんと積丹は、トンネルばっかし!昔は右側の道を走り ガードの隙間から海を見ながらはしったんだよな!
カーブ多くて、バイクには非常に危険で、また、楽しかったワインディングだったのにな!!
ああああ、俺の旅人マインドはどうなるんだ?

200912120043.jpg
ヘルパーもさせて頂いた美国YH 現在はYHの方はやっていないのかな?
玄関開けてみようかな!
覚えていてくれるかな!
でも自分のことを説明する必要あるだろうな!なんていおうか! 22年前に居候していた者です!なんて覚えていてくれているかな?というよりかあさんや、とうさん健在なのかな!
よっしゃあ  まあ、考えるより 入ってみるか「こんにちは!」といいつつ、アクセルを全開してしまう私です!
この先の黄金岬の先ではCBナナハンの島君と這ったもんな!
おれ、とびきりかわいい娘とダンデムして夕日見に行ったなあ!
これまじな話!ちぇっ、住所も名前も聞いてねえよ!メルアド?おいおいポケベルも無い時代だぜ!1987年夏のことさ!

200912120045.jpg
積丹浜婦美海岸にて小休止!ここは高台に展望台があって海が非常にきれい!しかし、「熊出没中」看板にどきり人生3度目の熊は積丹なんて!

200912120046.jpg
島武意海岸に到着!
あれっ?ここにトイレあったよな?とか駐車場こんなにひろかったっけな?とかさすがに20年以上経つと大分景色が変わる

200912120047.jpg
しかし、このトンネルは当時と同じ
たしかここから女郎子岩まで歩いた記憶があるな!

200912120048.jpg
向こうに日本海
200912120049.jpg
たしかこのあたりでボーっつとしていたら、海岸線に、小樽発の新日本海フェリーがゆくりと航行していたな!

200912120050.jpg
200912120051.jpg
200912120057.jpg
食堂うしお。
ここからも神居岩にいける、というより昔はここから神居岩に行くのがメインであった。もちろん、現在も営業しています。ここから先、右側の立ち入り禁止を超え念仏トンネルを超えて岬に行くのが更に旧道!

200912120056.jpg
この先に鉄柵がありいかにも「中に何かあるど!」という雰囲気!20年前も柵があった、やはり危険なんだである。ろう!

200912120083.jpg
ここからは冬のレポート   「これが念仏トンネル歩いて20分」くらい! 中央部で曲がっている為中は真っ暗である。どうやら両方から掘ったからであろう。当時は看板も設置しており、灯台守の奥様の死を悲しんで地元の有志経ちがこのトンネルを掘ったそうだ!!

200912120084.jpg
素掘りのトンネルである。

200912120085.jpg
途中で見る水無立岩 ガイドブックにはのっているが近くまでいけない名勝!

200912120086.jpg
こんなの自然!すげえよな、これもぜったいたおれるぞ!そのうち

200912120088.jpg
神威岩 実は上陸したこともあります!

200912120058.jpg
カムイ岩の駐車場からみたタコ岩

200912120059.jpg
200912120062.jpg
タコ岩からみたカムイ岩

200912120055.jpg
200912120060.jpg
これがタコ岩、ここも立ち入り禁止となっている!

200912120063.jpg
200912120064.jpg
200912120065.jpg
この道は現在廃道となっている。トンネルは塞がれている。現在は長いトンネルが右側にある。
22年前には自転車でこの坂道を往復した。
このタコ岩から先も新しいトンネルが出来ていて、つい通り過ぎてしまったほどである。

200912120052.jpg
途中で発見したこの岩は「がまガエル岩」と命名しよう!

200912120030.jpg
200912120067.jpg
ここは、「賽の河原」といい・・昔は道路も無く、船でしかこれない場所である。長い長いトンネルを抜け、忽然とバス停、またトンネルが続く!
200912120069.jpg
バスは1日1本
200912120070.jpg
ここで降りる人はまず居ない!
200912120066.jpg
ここは、霊場である。
200912120072.jpg
亡くなった人たちと会える場所である。
200912120073.jpg
道内数少ない初の、訪れた場所なので、今回の目的地でもあった
200912120075.jpg
ここから、ジュウボウ岬までは800メートル位!
200912120068.jpg
当然、歩くつもりで居た!現在時刻 午後4:00丁度
ここには、トイレと大きな駐車場がある。しかし、トイレには南京錠が・・・
ここに来るまでに、なんとなく!亡くなった親友の事や、親戚、身内のことを思い出しながら走った。
バイクをここの駐車場に止めたとたん!
エンジンが停止した。スイッチを切ったわけではない!
「俺は解かっていた!何がおきていたか!」
メインスイッチを入れなおしセルを回した!
全くかからない、セルは勢いよくまわる。
落ち着いて、深呼吸した!

200912120074.jpg
そして、遠くジュウボウ岬の方をみた!
今日は、一日変な天気だった、突然雨が降ったり晴れたり!
ジュウボウ岬の先日本海に、太陽光が突き刺さっていた!
おもむろにシャッターを何枚も押した!
家に帰って画像をパソコンに移すと、どこを探しても無い!
おかしい、が事実である。
この写真は、何度UPしても、どうも画像が暗い!
何度アップロードしてもブログがUPされない。
今回の文章は、都合6回目である。(たぶんこの文章もUPされないでしょう)

200912120077.jpg
さらに南へ走り 途中 神恵内村(カモエナイ村)の弁天島で休憩
200912120011_20091220235402.jpg
200912120014.jpg
200912120015.jpg
200912120016.jpg
200912120017.jpg
200912120018.jpg
海がコバルトブルーなのが印象的

200912120010.jpg
200912120009_20091220235950.jpg
弁天島の反対にある「杯温泉(さかづきおんせん)」にて一風呂とする!
旅人は、通常行くと思われるマンション(みたいな)ホテルには目もくれず!おそらくは100年近く経つであろう。温泉旅館へと突入!

200912120008_20091221000727.jpg
200912120007_20091221000746.jpg
200912120006_20091221000804.jpg
200912120005_20091221000844.jpg
200912120004_20091221000901.jpg
8月の海水浴シーズンは終わった時期とはいえ、客は俺一人!浴場に俺一人の風呂桶の音だけが「カーン」と響く!
温泉の温度は非常に心地よい温度で!時間を忘れてしまう。
風呂からでると携帯に着信が!見たことも無い番号! とりあえずです「アーこちら、自民党の○○選挙事務所ですが・・・今回の衆議院選では・・・・」「あーハイ! がんばって・・どうも!」
なぜだ!俺の携帯を・・・そうか・・・義理で後援会名簿に記入したような! めんどくさそうな場合には携帯の番号をなぜか書くんだよな俺! でもな 今ここでそれかよ!
「杯温泉はちとしょっぱい」

200912120078.jpg
北海道の地名はホント 面白い

200912120079.jpg
200912120080.jpg
200912120081.jpg
さあ、この後。神恵内からトーマル峠である!この当丸峠も実は初めてである。

なんと、本日よりトンネル工事で通行止めである。
と、言うことは!
原発の泊村経由で共和→仁木→余市と戻らねばならない!

200912120019.jpg
200912120021.jpg
200912120022.jpg
200912120023.jpg
国鉄岩内線「ほろに」駅跡
200912120025.jpg
岩内線は1985年6月は廃止された、函館本線の小沢駅から岩内までの路線で、胆振線同様炭鉱資源を岩内港まで運ぶ重要な路線であった。この駅は本来この位置ではなく移設されたものです。
200912120026.jpg
この後、日はどっぷり暮れて、暗いR5を余市に向かう!
途中余市でタコ足を買い、小樽より高速にてすっ飛ぶ!

でも、今回の西の河原でのエンジン不調はなんだったんだろう!
たぶん、かなり飛ばしていたので液面が下がりすぎたのとオーバーヒート気味だったのが原因だろう!
250の水冷では良くあることで今回帰ってさらにキャブを煮詰める必要があるな!
ニードルバルブを新品交換しようか!悩むところ!おそらく両方で8千円はするだろうな!
インテークマンイーホールドもかなり硬化しているので新品交換した方がよさそうだ!
しかし、このバイク調子がいい!さらに調整すれば燃費も良いし相当面白そうだ!

だが、そろそろ 飽きた! 

ナナハン乗りの俺にはトルクなさすぎ!スピードはいくらでも出るバイクだが、音だけ最高で加速しない!
んーー俺にとってのこのバイクの位置付けが不明瞭となりつつある!どうしよう!

やはりオフロード専用のオンロードバイクなのかもしれん!







スポンサーサイト
【マグマ紀行】北海道編 | 固定リンク | レス:2
(2009/12/12(土) 23:34)

 2階にFFヒーターをつけよう!
やあ!みなさん元気!
ほぼ1年ぶり!
こちらこそ元気にやっているよ!
気付いたらまた、雪が降り極寒の北海道となってしまった。
しかし、いしやんは暖かな冬を過ごそうと、今回は「2階にFFストーブ」を取り付けてみようと思います。


200912120001.jpg
まづ、これはOSB合板を細工し、母屋の壁を修理!これは今回の企画ではありませんがな!

200912120002.jpg
その辺にあったお菓子の箱の裏紙に設計する!

200912120003.jpg
ふと振り返るとつららが・・・本日、昼間なのに-12度。今年一番の冷え込み。

200912120004.jpg
こんな感じ作業!

200912120012.jpg
ココからが本題! FFファンヒータ、業界で一番極小のタイプ!
目的は凍結防止の為様なので、あえてこのサイズをチョイス。本当は洗面所に設置する予定で購入した品だが、洗面所はちょっと狭く、2階に移動!

200912120013.jpg
2階にストーブ、屋外にタンクの場合に灯油にポンプアップしてやる為の「オイルサーバー」が必要!
今回のストーブより高い(泣)

200912120006.jpg
まず、屋外の灯油タンクに新たに送油用の銅管を接続

200912120008.jpg
この「パイプカッター」が非常に便利、1000円程度のものなので、購入しておくといろいろ使える。
前は、グラインダーで切っていたが、作業量は100分の1(?)

200912120005.jpg
だいぶ以前に購入していたパーツ1、三つ又 2、コック 3、バンド他

200912120009.jpg
タンクを移動することも考え、銅管は長めに処理しておく、まるで?のよう!

200912120011.jpg
2階の屋内は、長めに伸ばして本日は終了。

201003140002_20100314132201.jpg
何日かしてやっとオイルサーバーの取り付けを行う

201003140001_20100314132216.jpg
排気トップも取り付け

201003140003_20100314132229.jpg
中間コックも取り付けた

201003140004_20100314132243.jpg

201003140006_20100314132256.jpg
点火芯、パッキン、等の交換も行い、なんだかんだとオーバーホールにお金がかかったが、おそらく今後問題なく稼動するでしょう?

201003140007_20100314132307.jpg
火力が強くなると一層赤くなるので結構頼もしい!
実は、こういうストーブは私は余り見たことが無いので新鮮!
【Garageの製作】 | 固定リンク | レス:0
(2009/12/12(土) 22:30)

copyright © 2005 いしやん@GARAGE LIFE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。