いしやん@GARAGE LIFE
   いしやんの運営する「KsGARAGE」の紹介、現在のガレージ内:KAWASAKI W1SA:SUZUKI GR71A(カタナ逆輸入):HONDA NX125他
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いしやん@W1SA・KATANA

Author:いしやん@W1SA・KATANA
ダブワン+SC!!

W1SAのパーツ

KATANAのパーツ

サイドカー

お勧め オークション

ガンマ

ランドナーパーツ

 バッテリーを密閉式に交換
今回の車検に使用したバッテリーはヤフオク出身のおそらく中華製 3年使ったので ダメ!
充電直後はいいのだけれど、アイドリング状態では充電されないダブルでは、長時間暖機後にはウインカーも出ず状態。そこで、例のごとくヤフオクを見回すと、安いものが結構ある。しかし、送料を含めるとあまり価格差がない。最終開放タイプ 送料込み3850円 密閉タイプ 4080円と200円足らずの違いだったので、密閉に挑戦。

DSCN5179.jpg

液体を入れ、2時間ほど常温で置く、その後キャップを閉め完了
DSCN5178.jpg

補充電はしない
手前が今までの中華製 奥が今回のおそらく中華製
DSCN5180.jpg

取り付けるが、ちょっとカバーに当たる。若干、数ミリ程度大きい!

スポンサーサイト
【W1SA+サイドカー】 | 固定リンク | レス:0
(2010/05/29(土) 23:35)

 液面が低いっ!!
キャブの液面が高くオーバーフローする。規定値に調整しているがダメ メンテフリー&林道&キャンプツーリング仕様を目指している為、繊細なバイクではなく、どんな過酷な状況でも問題ない状態にしたいので。キャブを完調にしたい。
いっそ液面を大幅に下げた。オーバーフローしなくなり快適。だが、かかりが非常に悪い!えんじんかかんねえのは以前の問題なので。またまた、キャブを車体から引っこ抜く。
メンドクセー クオーター!!

201005220001.jpg

キャブが狭くて手が入りにくい
201005220002.jpg

ひとまづ外すが問題なさそう、ちなみにツインキャブだけどツインエンジンではない!!その辺り整備はしやすいかも! そういえば 俺バキュームゲージ持っていない KATANAはキャブの同調してもらったら信じられないくらい良くなった。欲しい!な4連バキューム!
201005220003.jpg

これは、GS250FWのパーツ 十数年前に友人のFWを修理したときの余りパーツ こんなところで役に立つとは!!
201005220007.jpg

フロートをガソリンに浮かべてみる。
問題なさそうだ!
201005220008.jpg

そこで、今回の問題点は ニードルバルブと見る!
201005220009.jpg

部品が来るまでおあずけとなる。



【GF250のレストア】懐古編 | 固定リンク | レス:0
(2010/05/22(土) 20:38)

 【ユーザー車検に行ってきました-2】
明日はいよいよ車検当日!
前日になっても未だエンジン始動にまで至らない!
かちかちに堅くなったフエルホースを交換。これはデイトナ製で、非常に珍しい内径5.5ミリ
透明なのでGSの状況が判るのでよさそう!
201005210020.jpg

適当な長さにし、交換
201005210021.jpg

と、早速燃料を入れると左キャブからオーバーフロ
だが、フローの仕方がちょっと変、なんかじわじわってな感じ
「これはニードルバルブ」の引っかかりじゃないな!
201005210022.jpg

予想って当たるもので、しかしまさかのフロートパンク、耳元で振ると「チャポチャポ」いって 明らかに内部に液体の混入あり。
201005210023.jpg
ペットにガソリン入れて 問題のフロートを浮かべてみる
201005220004.jpg

気泡が出るだろうと沈めてみる。全く判らん!しかし 明らかに液体混入は事実!
201005220005.jpg


早速GARAGEの20年ほど前からのデッドストックヤードをひっくり返す!
たしか、フロートはこの辺にあったっけか・・・・
ありました! 新品なのか中古なのか、ジャンクなのかわからんが!まづは交換!
201005210024.jpg

なんか、フロート2つも持っていた。自分でコレクション?していて よくわからなくなっている!
でもこの辺りのダンボールひっくり返すだけで「かなりの時間旅行?」古いアルバムを見るとなんかはまるでしょう?私の場合、こういった部品を見ると「あああ、あの時ダレダレに譲ってもらったんだっけか!」と走馬灯!
201005210025.jpg

よっしゃ!早速テイクラー落して エンジン始動!
実は私のダブワン 1発始動なんてまづない! でも大体10発以内!
201005210026.jpg
あたり真っ白「煙くて涙でる」
201005210027.jpg

次いでオイル交換 20W50のうわさのオークション・シェブロン
201005210029.jpg
ミッションオイルも交換 昔は#30のシングルグレードをわざわざ高価なものを入れていただが 現在 EGオイルと同様の20W50 で問題ない!
201005210030.jpg

一応 臨時運行標識も受けて ひとまづ 明日に向けて今日のところはここまで
バッテリが間に合わないので どう見てもいけない中華製のもので代用 一応 直前まで充電しておく
外すの面倒なので!腐食防止のためウエスで囲み、外さずに充電する。
201005210031.jpg

いよいよ車検当日朝!快晴!
201005210001.jpg

途中オドメが5555とまっはGOGOGOとなる
201005210002.jpg
201005210003.jpg

田植え前の美瑛辺りで休憩するが、なんと問題発覚
201005210005.jpg

タコメのエンジン側にてオイルモレ発生! たぶんウオームギア上部のパッキン損傷と思われる、この辺りは非常に繊細なパーツのため、15年前のフルレストアでは、新品パーツをおごったのだが、気づいたら経年劣化となったようだ。
一応検査前に、テスター光軸、光量をチェック
しかし、光軸がまるで違う方向に 早速お姉さんにやさしく修正?!してもらう。
手馴れていて、「この年代のバイクはしょうがないんだよね」といいつつ、ヘッドライトとウインカー部をガッチリつかんでぐりっと動かされる。 「光量は2500回転で申し分ないですね」「あとは、このまま動かさないようにラインに入ってくださいね」と教授される。回転は 2500回転 「少しでもずれると ちょっと厳しいですね!」といわれる。
201005210006.jpg

ドキドキしながらラインの前単車を止め、オドメーターを確認しに戻ると、同じ仮ナンの単車が隣にいた。
201005210007.jpg

陸事務所のおばちゃんに「はい、では1番ラインに入ってください」と言われる。たしか、旭川は2番だったような・・・「1番でいいんですか」 おばちゃんちょと険しい顔して「ユーザーの方は1番(ってきまってんだよ)ですよ~」
しばらく1番ラインにいたら、ちょとヤンキー試験管「バイクは2ばんですよ~こちらへどうぞ」って 俺「スミマセン なんか1番に並んでって言われたんで」 ヤンキー「車の人と間違えたんでしょう」 おれ「ってヘルメット・・・とかもってたのにな」
201005210008.jpg

まあ、ひとまず。試験官=ヤンキーとさせていただく!

ヤンキー「ウインカー、ホーン、テール、ブレーキランプ前後」と難なくクリア 実はこのときバッテリほぼ上がり状態、アイドリング状態ではホーンも鳴らずだった。ウインカーといわれるたびに回転あげて答える始末。
ヤンキー「はい、エンジン切ってサイドスタンド、降りてください」 おまじないのようにトンカチの洗礼 俺「ああダブワンに傷つけんなよな」ヤンキー「あーこれは46年式だね」「車体番号は W1Fの・・・」車体番号チェックのときわざと見えるようにしてあげた。実はW1Fの「W」の文字がW1の特徴と言うべきか文字が小さい、これは新車時からのものでKAWASAKIさんの手抜きの打刻なのだが、このKAWASAKIの象徴ともいえる「W」の文字に因縁をつける検査官もいるとの事前情報を聞いていたので、実は過去20年の登録書類のコピーを全て持参していた。もし、文字が薄いとか小さいとか言われて、職権打刻なんてことになれば 娘が傷物にされたも同様!それは旧車マニアとして「ゆるせねェ」しかしこのヤンキー「はい次、リアブレーキ」と事は進んでいた。打刻の件は完全に取り越し苦労という一番幸せな結末となった。
ヤンキー「ハンドルロックしてぇ」 俺「はいっ これがロックキーです」
ヤンキー、なにやら胸ポケットから使い慣れた手帳を持ち出して「えーアー これは 46ねんはハンドルロックいいんだね」となにやら何がいいのかわからないけど 検査証に×を書いた!
でも検査欄には○をくれたので、どうやら ハンドルロックは検査対象外だったのに検査してしまったので役所的に×を書いたらしい。その後、ヤンキー「スミマセンけど メジャーの片方をクラッチレバーの先端に合わせてください!」とい言われる。その時なぜスミマセンなのか 単純に メジャー持ってのスミマセンなのか、よくわからないが!言われたとおりにする!ヤンキー「はい、OK」「次またがって水平にしてください」車高をメジャーで計る「はいOKです」 何がOKかわからんが なにしろ おまじないのような「OKです!!」とい言葉が耳に残る!

201005210010.jpg

ラインに入り FブレーキRブレーキ 全く問題なし メーターは検査無し
いよいよ 光軸!
テスターどおり 回転を2500回転にし 検査 しかし しばらくしても センサーが 目の前をうろうろ なかなか中心を見つけてくれない! 試験官「これはダメだね、光の中心が出ないね レンズがおかしいね」私「もうちょっとやらせてください、きっと2500回転でないとダメなんです なんで きゅうしゃ だから」とわけ判らないこといいながらやる。でもダメ 諦めかけたときに だめもとで あと500回転上げてみた OKOKOK 目の前にOKランプが・・・ 試験官「3500回転だったんだね!」俺「いやあ そうですね」とこれまたよくわからない会話をしつつ 合格  試験官「前で印字して」
201005210011.jpg
というわけで、1発合格となりました。
19歳のときに限定解除した鮫洲と同じくらいの感動を覚えてしまいうるうる!!
201005210012.jpg
201005210013.jpg

新しいナンバーをつけて帰りは美瑛あたりの丘めぐり!
201005210014.jpg

201005210015.jpg

近所の知人が戦前のトラをレストア中とのこと 帰りに寄ってみた!
201005210017.jpg
自転車のような トラ
201005210016.jpg
201005210018.jpg








【W1SA+サイドカー】 | 固定リンク | レス:2
(2010/05/21(金) 21:52)

 ハンドルグリップの交換/キャブの同調
なんとなく暖かくなってきた北海道!
SAの整備をしていても手が痛くならない(きっと前世は「かえる」かも!)

さて、今回は、もう半年以上前に購入していた新品のKAWASAKI純正ハンドルグリップの交換。
じつはSAに2度めの交換だったりして。

新品のグリップはやわらかい
201005150002_20100515233556.jpg

まずは、スイッチホルダー部を外し 長いマイナスドライバーを指し込み シリコングリスを挿入
201005150003.jpg

サイドカーは右カーだったので、左のグリップを押し出し、左足で踏ん張るという運転だったので、特に左側の削れが大きい。だいたい、このじゃばらみたいなグリップてよく考えると変、なんか、海にいる生き物みたい!
201005150004.jpg
201005150005.jpg

ハンドルバーにはG17をたっぷり塗る
201005150006.jpg


201005150007.jpg

ついで右(スロットルグリップ側)
201005150008.jpg

ホルダーのネジ(5ミリ)はステンのに交換
201005150009.jpg

ただ、探したけど無かった。ちゃんと買っておかなくては!
サイズ・長さ・ピッチでパーツケースに分類してある!これは非常に便利。でも結構なかはぐちゃぐちゃだったりして
201005150010.jpg

201005150012.jpg
201005150013.jpg
201005150014.jpg

でもまずはエンジンをかけなくては! その前にオイル交換かな!

キャブの同調
ツインエンジンなのでキャブの同調が必要
調整されていないと、アクセルのつきが悪い

まず、エアクリを外し
前は指で確認した。エンジンかけて爆発音で大体の加減がわかったが。
今回は、名刺用紙を2センチほどのサイズにカットしキャブに差込む。
201005170001.jpg

すると、面白いように判る
201005170002.jpg

まず、アイドルスクリューを戻し、左右のスロットルが底づきしていることを確認
少しだけ開閉し、左右の調整を行う。
キャブ上部の真鍮(7ミリ)ネジで調整、結構シビアに調整出来る、ほんの2~3ミリネジを回しただけで調整が変る。
最終的に、ネジ締めした状態での調整となるので、ネジを舐めやすいので注意。
アクセルワイヤーもまた17ほど前に新品にしたのだが、既に傷んでいる。
201005170003.jpg

なんか、たとえば 左からレストア開始して 右側まで行ったときには 15年くらいたっていて、最初の方は錆び始めていてなんか悲しい!
201005170004.jpg

ダブワンのストリップは余りかっこよくない!
ストリップでえらくかっこいいバイクは GSX-S だね!
カタナのストリップはスゲーよ。惚れ惚れするね!





【W1SA+サイドカー】 | 固定リンク | レス:2
(2010/05/15(土) 23:44)

 【ユーザー車検に行ってきました】マフラーステー・タコワイヤーの交換編
ユーザー車検に行こうと思い、陸事の予約したが当日朝から雨模様なので、キャンセル!
今日こそはと思い予約をしたがもう既に一杯!
まあ、ひとまず。
ずっと「やらなくては」と思っていた不具合部分の交換

まずは、マフラーステーの交換
201005140001.jpg

201005140003.jpg
不具合というのは、マフラーステーのゴム部とリングが経年劣化ではがれてしまい、ネジをいくら締めても、マフラーが固定されない。
201005140004.jpg

中古部品(2000円なり)をネットで調達したので早速交換!
201005140005.jpg

201005140007_20100514214337.jpg

201005140006.jpg


これが、購入したもの
201005140008.jpg


201005140009.jpg

右がメタルが外れて馬鹿になってしまったもの、左が正常品
201005140010.jpg

各パーツは錆の進行を抑える為にもグリスアップする
201005140011.jpg

マフラー止めボルト(13ミリ)W1は13ミリのボルトが多い!
201005140012.jpg


201005140013.jpg

お次は、タコメーターケーブルの交換
タコメーターケーブル 4980円也
201005140014.jpg

まづはシートを外す。リアサス取り付けネジを緩める
201005140001_20100514215116.jpg

まっすぐ上に引き上げると簡単に外れる
201005140002_20100514215150.jpg

タンクのへそゴムを外す。
201005140003_20100514215204.jpg

その後、フエルホースを引き抜くのだが、なんと、真鍮のパイプごと外れる
201005140004_20100514215217.jpg

ひとまずバイスで挟んでみるが、たぶんダメだと思う。
結構状態の良いコックだが、結構バイクレストアってこのコックが重要で大抵の旧車はこの状態! 新品か、軍資金が・・・
201005140005_20100514215230.jpg

201005140006_20100514215242.jpg

タンクを外すとき、悲劇が!
タンクゴムが結構タンクに密着していてなかなか外れない。
ゴシゴシやったら、タンクにボールペンの先くらいの塗装はがれを作ってしまった。
201005140007_20100514215253.jpg
201005140008_20100514215305.jpg

現在装着のものはおそらく40年は経過している!
エンジン部の方は表皮がむけてオイルが噴出している。
まづ、指先で確認して
201005140009_20100514215317.jpg

まっすぐ方向を合わせて入れる。
201005140010_20100514215328.jpg

古い方ももちろん使用は出来る、しかしオイルがにじむ。
201005140011_20100514215339.jpg

タコ側は単純にペンチで止める
201005140014_20100514215413.jpg

フレームにこすれる部分はゴムチューブでカバーする。
今まではハーネス用テープでぐるぐる巻きしていたが、年数が経つとベトついて気持ち悪いので
201005140015.jpg

クランプする。
201005140016.jpg

お次は、クラッチワイヤーのエキパイへの干渉
201005140017.jpg

クラッチワイヤーは15年ほど前フルレストアしたときにもちろん新品交換しているが、判っていたものの。エキパイで焼け焦げとなる。
201005140018.jpg
なんか、乗っていて ビニルが溶けた様な匂いが・・・
201005140019.jpg

対策として、ひとまずハーネステープで巻き
201005140020.jpg

適当に、配線用カバーをかぶせる。
ただ、エキパイに干渉しないようにすることが先決ですが・・
201005140021.jpg

次回、グリップ(3回目の新品交換)を行う。






【W1SA+サイドカー】 | 固定リンク | レス:0
(2010/05/14(金) 21:26)

 2010年の春になった!
北海道も春になった!
桜は未だ咲きません!
201005060001.jpg
201005060002.jpg
My GARDENに春を告げる花たちが咲き始める!
201005060003.jpg
カタクリも満開に 移植して10回目の春!
201005060004.jpg
201005060005.jpg
201005060006.jpg
201005060007.jpg

「ガセのガーデン」にはこれからたくさんの花が咲くでしょう?
201005060008.jpg
201005060009.jpg

ほのぼのと春!
【自然の宝庫】 | 固定リンク | レス:0
(2010/05/06(木) 12:25)

 【W1SA】 ユーザー車検に行って来ました!(序編・未だこれから)
201005040001.jpg

W1SAが僕のところに来たのは平成4年6月、今から18年前、過去の車検証を見ると平成4年6月12日に横浜の陸運で名変し、翌年に群馬の陸運で継続検査、(当時1年車検)途中間を明けつつも平成9年8月まで継続。その後、平成16年7月にサイドカーを付けたのを機に車検を取り、また2年後の18年7月から空白、20年の1月に抹消し現在に至る。要は、もう一台のナナハンと同様、車検もなしにナンバーだけ下げている期間が所有期間の大半を占めるという。非常に納税者の鏡なのである。特に当時の車検は毎年だったので、マジで車検忘れて「車検を取ることより、磨く方が大事」だった実用性非重視のバイクである。

201005040003.jpg


さて、ユーザー車検といえば、普通は、「あっけなく、安くて、こんなに簡単 たった15分なんて」よく言いますが。実は私、過去に痛い目にばかりあっています。本の一例です。

1、日産サファリ(S-VRV60)ディーゼル4.2L 直6エンジン ショート の車検の時、
一日に11回ライン通りましたが落ちました。原因は 当時突然お国からやってきた「黒煙チェック」 数値50以下でOKのところ自分なんと98(1回目)96(2回目)~ 68(11回目)でタイムアウト 翌日、その手に詳しいランクル乗りに行ってもらい 1発で 数値48 で合格 彼曰く「バンバンフカシまくった」そうだ、俺には出来なかった。だって吹かすと後ろの車が迷惑だもん。夏の暑いときでやすっちいオイル入れていたので尚、黒煙がひどかったのかも知れんが、オイル10L、インジェクター洗浄、添加剤と2万近くかかり エンジンはぶん回したせいかよけいガラガラうるさいし。新車から20年乗って16万キロ走ってオートボーイでなんと17万円で買ってくれた。そう、中東で活躍する車なんだって そうだよな パトロールだぜ 別名
車検ライン入って 4箇所×食らった。ふざけるな、そんなにボロ車じゃねえ 光軸(左側、そういえば雪に突っ込んだっけ) サイドブレーキインジケーター(メーター内) 黒煙にサイドスリップ・・・ってなんだよ! サイド・・なんて、他の誰も指摘されねえよ!あと、バックランプ点かなかった事もあったな!

番外編で車検ではないけれども、しばらく乗んないからと、ナンバプレート外して、廃車(抹消申請)行ったら、この住民票じゃあダメといわれ、よく見ると 車検証(検切れ)記載の住所と貴方が同一である証明書が必要といわれ 過去5回の引越し履歴を横浜の区役所2箇所及び戸籍謄本まで取ってとても労力かかった。車検証なんていちいち住所変更しねえし!住所変わっても自動車税納付書来るしな!

2、アウディ80クワトロ 1.8L 5FM
このウインカーのバルブ白いね、ウインカーはオレンジまたは赤だよ。そう、もともと、レンズが白く バルブが黄色いんだね コーティングはがれたんだね。そんなの大したことない。 光軸(これまた、左のライト内部の歯車が削れ動かない、仕方ないのでテスターのお姉さんに、ずれている方を元に調整、ラインに入ったら止まる直前にハンドルを右に切ってね。落ちたらまた来てね だって)ラインで大げさにやったら、検査官にまがってるよーと言われ そうですかーと私!

3、ワゴンR 660 MC21S 4WD
オイル漏れ わかってるよそんなこと、よく拭いてトライ でも、よく見てるね。出直し、プレッシャースイッチGS交換、ついでに、ステアリングポールのダストブーツだってさ。オイル汚れはOK、オイルモレはNGなんだって 違いは 検査官に聞いたら 垂れたらNG 垂れなければOKだって パーツクリーナ吹っかけるんじゃ(余計なこと)しなければよかった!

4、N360 N3
今思うと、車検で全く引っかからず、車検場のおじさんと会話が弾んだのはこの車だね。
「最近見ないね ライフはいまプレミアだね これなら50万するねっ」
「あの~いまここで名変して!」私歩いて帰ります。「ライフじぇねえし」

5、GSX750S1
20年前に初めてユーザー車検行って、最初に洗礼を受けたのがこのバイク。
いきなり、ハンドルがダメ 元に戻しなさい、違法改造ですよ(って耕運機にしろって これマジな話)
こんな経験レアだぜ20年前とはいえ、そんなこんなで現在 750Sの逆輸入車所有

6、GSX750SD (刀のナナハン逆輸入車)
ハンドルのこと言われたら「こいつは逆輸入だからね~」と自慢しようと思ったら、メジャーも出さず、シートを指差して「シートベルトがないと1人乗りで構造変更だよ」だって

7、トヨタ ノア(現在の車)
シートベルトウオーニングランプが点かないよ
玉切れかなと思ったら、内部破損で、たまたまあったU字クリップでアースして、ベルトしないで。「球交換しました~」だって。

8、番外編 フィアットX1/9 1300 MR タルガ
タルガのため、リフトアップしたらドア開かなくなった。
皆に見られて恥ずかしかった いいワケーもんが フェラーリになんか乗り回すから(ちがうちがう フィアットだって)

全体に
コンコンって あのトンカチ おまじないだよね!
経験上、緩んでいるのは判るらしいけど、俺のバイク叩かれるのヤダナー
でも、このコンコンで落ちた人知ってます、私です。
昔 GSX750Sでユーザー行ったとき、サスの取り付け部のボルト舐めていて、そのまますっかり忘れて見抜いていただいて助かりました。あと、チェーン調整したときリアシャフトボルト閉め忘れたときは、どうりで車検場に行くときにアクセル開けるたんびに車体がよれるんだよな! 死にかけました。。。

てな訳で 実家にいた時にはほぼ車検場の隣に住んでいたような私には、なんとも無い出来事が、北海道では片道2時間とありゃ おおごとですぜ!

201005040004.jpg
バイク屋ですか?といわれ続け早20年 いままで少なくて3台位の時期もあったかな!
201005040005.jpg
おおいいときで(ガラクタと車含め)9台でした。
でも新車は中華製のATVだけ!(今は無し)
【W1SA+サイドカー】 | 固定リンク | レス:0
(2010/05/04(火) 01:00)

copyright © 2005 いしやん@GARAGE LIFE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア