いしやん@GARAGE LIFE
   いしやんの運営する「KsGARAGE」の紹介、現在のガレージ内:KAWASAKI W1SA:SUZUKI GR71A(カタナ逆輸入):HONDA NX125他
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いしやん@W1SA・KATANA

Author:いしやん@W1SA・KATANA
ダブワン+SC!!

W1SAのパーツ

KATANAのパーツ

サイドカー

お勧め オークション

ガンマ

ランドナーパーツ

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 【マグマ紀行-7】そして旅人は太平洋を目指す
そして7月20日、太平洋を目指す。

201007230001.jpg

本日天気予報「絶対に雨降らない」とのことで何にも荷物を持たずに出発!
201007210001_20100724231145.jpg

ハレ男の1380CCが小さく見える! 本日の同行者
201007210002_20100724231155.jpg

最近フロントフォークまでレトロチックにしてかなり整備されたハーレー
201007210003_20100724231204.jpg

高速道路無料区間を全て乗り切り、忠類村の豚丼屋「食堂このみ」にて昼食
真っ黒特性たれと豚肉が絶妙
201007210004_20100724231212.jpg
201007210005_20100724231220.jpg
201007210006_20100724231228.jpg
201007210007_20100724231237.jpg

忠類村といえば「ナウマン象」この街いたるところにナウマンが、国道もナウマン国道である。
201007210008_20100724231244.jpg

ここでナウマン象が発見されたとか?
201007210009_20100724231253.jpg
201007210010_20100724231301.jpg

201007210012_20100724231318.jpg

発掘の碑の裏にもナウマン象が・・・・
201007210013_20100724231326.jpg

海の見える「晩成温泉」この温泉はちょっとしょっぱい。海を見ながら温泉に入れる。
201007210014_20100724231334.jpg

201007210015_20100724231517.jpg

お風呂からの眺め・・・!
201007210016_20100724231527.jpg

温泉近くの「生花苗沼」
201007210017_20100724231535.jpg
201007210018_20100724231543.jpg

国道336をもどり「湧洞沼」
201007210019_20100724231551.jpg
201007210020_20100724231558.jpg

左手は湖
201007210021_20100724231606.jpg

右手は太平洋でさえぎるものは何も無い。
201007210022_20100724231613.jpg

海の色と湖の色と空の色が同じでこれが本当に別世界!
201007210023_20100724231622.jpg
201007210024_20100724231629.jpg
201007210026_20100724231638.jpg

また、国道336に戻り昔は渡し舟で渡った「十勝川」を渡り昆布刈石を目指す。途中ロラン局送信所を過ぎたところで、道はダートとなる。1987年にここに訪れた時にはこのダート自体が国道で、他に道が無かった。
201007210027_20100724231646.jpg
201007210028_20100724231653.jpg

比較的走りやすい絞まっているダートで、昭和の香りのする本当に最近は北海道でもなくなったダブワンの似合う道である。
201007210029_20100724231659.jpg
201007210030_20100724231707.jpg
201007210031_20100724231714.jpg
201007210032_20100724231720.jpg

向こうに見えるトンネルはすれ違いの出来ない狭いトンネルで、昔一級の街道であったことを想像できる。
トンネルが無かった頃には岬を回ったらしい旧道の跡が絶壁に見える。
201007210033_20100724231728.jpg
201007210034_20100724231737.jpg
霧止峠(一部ダート)を超え豊頃の十勝川河川敷にある「ハルニレの木」を望む。
201007210035_20100724231745.jpg

1988年3月に彼女と豊頃駅から歩いてここまで来た。豊頃ハルニレ君よ永遠なれ!
201007210036_20100724231752.jpg
201007210037_20100724231759.jpg
201007210038_20100724231808.jpg
帰りは道東自動車道池田インターより高速無料の恩恵を受け帰着
本日の走行距離 460キロ 
スポンサーサイト
【マグマ紀行】北海道編 | 固定リンク | レス:0
(2010/07/23(金) 14:36)

 【マグマ紀行-6】オホーツク海へ進め!!
そして7月のある快晴の日、北に向かう!!
今回の相棒はKAWASAKI W1SA(S45年式)

高速道路が先週から無料になり、旭川から和寒まで利用
201007210001_20100722115055.jpg

上士別の友人宅がこんなに出来ていた、セルフビルドでここまでやるなんてすごい!
201007210002_20100722115103.jpg


201007210005_20100722115138.jpg
201007210006_20100722115156.jpg
201007210007_20100722115205.jpg
201007210008_20100722115212.jpg
友人の子供を鉄馬に乗せる、固まっていた!
201007210009_20100722115220.jpg

一気に150キロ北上、ここは、名寄本線旧上興部駅
201007210010_20100722115227.jpg
1989年5月1日に廃止となる。廃止の1年前に乗車している懐かしの路線
201007210011_20100722115235.jpg
201007220001_20100722125324.jpg

駅が鉄道資料館となっていて、当時の写真が掲示してある。
201007210012_20100722115244.jpg

201007210013_20100722115251.jpg

「乗って残そう名寄本線・・か!」本線なのに廃止! 
201007210014_20100722115257.jpg

名寄本線データ:1919年名寄線として開通、その後1932年に全線開通し名寄本線となる。道北の中心都市名寄から遠軽までの138.1キロ 蒸気機関車全盛の時代にオホーツクと札幌圏を結ぶ重要路線であった。

201007210015_20100722121142.jpg
201007210016_20100722121150.jpg
201007210017_20100722121157.jpg
今度はここ興部で興浜南線との分岐
201007210018_20100722121204.jpg
車両がレストランとなっていた。
201007220003.jpg
201007220004.jpg

興浜南線沿いに国道238を北上!途中日の出岬手前の旧沢木駅近くの港で大漁旗
201007210019_20100722121212.jpg
201007210020_20100722121219.jpg

日の出岬からのオホーツク海はスカイブルー 鏡の様
201007210021_20100722121226.jpg

日の出岬温泉 入浴@500 海沿いの温泉らしくしょっぱい 露天風呂からのオホーツクがきれい。ただ旅人マインドに欠ける。
201007210022_20100722121233.jpg

オホーツクをバックに牛が「モー」
201007210023_20100722121240.jpg
201007210024_20100722121247.jpg

さあ 雄武(おむ)に到着、興浜南線の終着駅。現在の道の駅に当時の駅の痕跡がある。
201007210025_20100722121254.jpg

さよなら列車の写真 
興浜南線データ:1935年9月15日開業 1985年7月15日廃止 丁度本日で廃止後25年と1日、興部~雄武 19.9キロ 元々はこの先北見枝幸まで行き興浜線となる予定であった。ここ雄武駅から先、路盤や橋脚が残っている。
201007210026_20100722121301.jpg

201007210027_20100722121309.jpg

201007220006.jpg
未整線トンネル跡
201007220005_20100722124332.jpg

昭和の漂う 定食屋で昼食
201007210028_20100722121350.jpg
ここから先国道238号沿い左手にも多数鉄道の痕跡あり、牧場の真ん中に橋脚があったりして面白い! 


201007210030_20100722125303.jpg
今度は興浜北線の北見枝幸駅跡
興浜北線データー:1944年11.1開業 1945年に休止 その後1985年7月1日廃止 浜頓別~北見枝幸間 30.4キロ 浜頓別から天北線に繋がる。

201007210029_20100722125256.jpg
駅前旅館は食堂として現在も営業

201007210032_20100722125317.jpg

千畳岩にて休憩 この先北上すると到底日帰りできず、ここで引き返し 歌登を経由して音威子府経由で岐路に着く。途中の歌登では、パンケナイの峠あたりで、旧歌登町営軌道のスノージェットと橋脚とトンネルを確認。しかしスピードにのっていた為、写真は撮らず。
201007210003_20100722125852.jpg
201007210004_20100722125903.jpg
201007210031_20100722125309.jpg

走行距離:545キロ AM5:00丁度に出発しPM6:00に帰着 ほとんど走りっぱなし! 
【マグマ紀行】北海道編 | 固定リンク | レス:0
(2010/07/22(木) 19:00)

 【マグマ紀行-5】GF250再度日本海を目指す!
前回の積丹半島1周ツーリングから1年!
今回の旅のテーマは、かつて陸の孤島と呼ばれた雄冬岬(おふゆみさき)旧道探検ツーリングである。
確か、1987年にこの地を訪れたときにはR231はまだトンネルが開通しておらず、ひたすらダートをナナハンで駆け抜けた記憶がある。暑寒岳の断崖を左手に見ながら豪雨の中をひた走った記憶がある。
「あの時走ったあのダートは今どうなっているんだろう?いったいどこだったんだろうか?本当に雄冬岬だったんだろうか?」自分の記憶を辿るツーリングでもある。
今回は途中遭難の恐れもあるため、あえて身軽な250CCをチョイス!
201007210001.jpg

201007210002.jpg

201007210003.jpg
途中の当別町のつり橋で!!


201007210004.jpg
厚田村でやっと日本海に出会う。でもしかし山道険しい

201007210005.jpg
こうやって見ると、現在のトンネルの脇にちゃんと昔のトンネルが存在している。当然23年前は左のトンネルを通ったんだな!

201007210006.jpg
振り返るとこちらもまた旧道が現れる。

201007210007.jpg
国道から旧道に入ると漁師の仕事場が現れる!

201007210008.jpg
201007210009.jpg
201007210010.jpg
201007210011.jpg
濃昼(ごきびる)と読む。浜益村濃昼中学校の校門

201007210012.jpg
201007210013.jpg
すぐ近くに古人が実際に生活道路として使用して旧街道が現れる。
現在では登山道として利用されている。途中からの日本海の眺めがいいらしいが、今回は行かない!

201007210014.jpg
どうやら海ずたいに歩き隣の集落に行く!
しかしその街道も現在は廃道となり、トンネルは閉じられ、その上部にさらに長い送毛(おくりげ)トンネルが開通している。

201007210015.jpg
左が濃昼の集落へ続く旧国道231 右が浜益方面への旧道

201007210016.jpg
201007210017.jpg
とりあえず海まで出てみる。

201007210018.jpg

201007210019.jpg

201007210020.jpg
途中旧道(現在の国道231号送毛トンネル迂回路)を走っているとほんの1キロほどのダートを残し「千本ナラ」という看板が現れる。
201007210021.jpg
ここは、ノーコメント 
201007210022.jpg
だってやばいでしょう!

201007210023.jpg
でも帰りのダウンヒルは左手の日本海が非常にきれい!
たぶん、ここが23年前にはダートで厚田に行くにはこの道しかなく、泣く泣く雨の中ナナハンで通った道っぽい。なんとなく景色に記憶がある。途中「この先いけますか?」とGTRの兄ちゃんに聞かれる。「ぜんぜん問題ないよ!」と無責任発言をする。

201007210024.jpg
途中「黄金山」を見る。これは讃岐富士か開聞岳か・・・・

201007210025.jpg
いよいよ雄冬岬 こんなところによくトンネル作るよな!

201007210026.jpg
201007210027.jpg
201007210028.jpg
201007210029.jpg
201007210030.jpg


201007210031.jpg
いよいよ、留萌本線終着駅「増毛」

201007210032.jpg
駅STATION ですな!

201007210033.jpg
終着駅「ここでおわり」ってな感じするする!
201007210034.jpg

駅前旅館 昭和 終着駅 てな
201007210035.jpg
201007210036.jpg
国稀酒造でちょっと試飲!!
201007210037.jpg
201007210038.jpg

そのうち汽車が来る!
201007210039.jpg

その後留萌回りで無料高規格道路を利用して深川回りで岐路につく!


201007210040.jpg
ところで、これ芦別の廃線? いや 詳しくは未整線 路盤工事だけして 一度も敷設されることの無い路盤跡
201007210041.jpg
201007210042.jpg
これはまた、たぶん森林鉄道を再利用した芦別カナディアン公園内の線路!

201007210043.jpg

201007210044.jpg
ここは、芦別炭鉱の露天掘り採炭場が石炭需要の斜陽化によりこれまた莫大な税金投入により生まれ変わった「芦別カナディアンワールド」跡地!いや決して跡地ではなく現在でも赤毛のアンをテーマとして営業しているテーマパークである。
いやあでも、こんな山奥に「なに、これ!」なんで! どうしようと思ったのかな? 壁剥がれてるし、大体今日って日曜日、俺しかいないし! 場内一方通行なんで入ったら最後一周しないと出られないし、その道もバイクだと結構上級者レベルだし。アスファルトはアナボコと草むらだし!やばいよ!ここ これ以上もう ノーコメント! こんなブログ見てないで「行って!」そして自分で感じて なにか? 
よし 次回はグリュック王国いってみるかな?





【マグマ紀行】北海道編 | 固定リンク | レス:0
(2010/07/21(水) 22:16)

copyright © 2005 いしやん@GARAGE LIFE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。