いしやん@GARAGE LIFE
   いしやんの運営する「KsGARAGE」の紹介、現在のガレージ内:KAWASAKI W1SA:SUZUKI GR71A(カタナ逆輸入):HONDA NX125他
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いしやん@W1SA・KATANA

Author:いしやん@W1SA・KATANA
ダブワン+SC!!

W1SAのパーツ

KATANAのパーツ

サイドカー

お勧め オークション

ガンマ

ランドナーパーツ

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 KATANAのサイドカー計画-6【カー側ブレーキ連動編-2】
やはり、単純にリアマスターシリンダーから分岐して船側のキャリパーに繋いでも、全くキャリパーは動作せず。
201109090001.jpg
そこで、マスターを購入!500円なり

201109090002.jpg
マスターサポートを厚紙で型取して、9㎜鉄板より切り出す。
201109090003.jpg
201109090004.jpg
複雑な形となってしまった。

201109090005.jpg
マスターのアームも延長する

201109090006.jpg
201109090007.jpg
溶接して、はみ出した部分を削る
201109090008.jpg
マスターシリンダーはフレームサポート自体に角度を付けないと真っ直ぐに取り付けできない。
そこで、切り込みを入れて、溶接(肉盛する)
201109090009.jpg
201109090010.jpg
今度はブレーキペダル側の加工。
まずは、取り付け部をグラインダーで切取り、移植。
201109090011.jpg
こういう小さい部品は溶接が難しいので磁石の定番で固定してから溶接を始める。
201109090012.jpg

201109090013.jpg
取り付け後、エアー抜き、動作確認。リアブレーキストップランプの調整も再度行う。
ブレーキはばっちり連動できた。しかもカー側、船側それぞれ微調整が可能なので、セッティングしやすい。
一先ず、両方が同時に利き始める位置に調整。
調整が終わったら、またバラして、サポートの塗装を行う。


201205050004_20120505214052.jpg
サイドカー側のリアブレーキマスターシリンダーのリザーブタンクは置く場所が無く、こんな場所に収まることになった。

サイドカーのブレーキ連動システム編はこれにて終了!

実際動作確認すると、サイドカーが空車の場合、サイドカー側からブレーキがかかり(ズズーっとタイヤが滑る)しかし、30キロほどの荷物(人)を積載の場合、丁度、車体とカーが同時に沈み込む。この感覚が運転しがいのあるサイドカー操縦の醍醐味?
スポンサーサイト

【KATANAのサイドカー計画】 | 固定リンク | レス:1
(2011/09/09(金) 21:21)

<<KATANAのサイドカー計画-7【電装編】 | ホーム | NX125というMCを知っていますか?>>

コメント
 
いしやん様
はじめまして、札幌でサイドカー自作してみたい者です、凄いですねカタナサイドカー
物凄く参考になりました
ありがとうございます。
URL | kubo164 #- | 2013/02/13(水) 17:24 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

copyright © 2005 いしやん@GARAGE LIFE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。