いしやん@GARAGE LIFE
   いしやんの運営する「KsGARAGE」の紹介、現在のガレージ内:KAWASAKI W1SA:SUZUKI GR71A(カタナ逆輸入):HONDA NX125他
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いしやん@W1SA・KATANA

Author:いしやん@W1SA・KATANA
ダブワン+SC!!

W1SAのパーツ

KATANAのパーツ

サイドカー

お勧め オークション

ガンマ

ランドナーパーツ

 KATANAのユーザー車検
KATANAのユーザー車検に先日入った。
予約はAM10:00~11:30の間に受付 検査は12:00までという、第2ラウンドを予約。
車検場に到着したのが既に11:15 自賠責や書類作成に手間取ったものの検査に間に合った。
201204220001.jpg
201204220002.jpg

「2レーンに入って」と言われたが、既に沢山の車が順番待ち、雪どけも進んだせいか・・バイクも10台ほど
201204220003.jpg

今回、整備はばっちり、申し分も無いくらい。しかし光軸調整を夜近所の空き地でやろうかと考えていたが前日は眠くて止めた。AM4:00まで整備していた・・・・ので事前にテスター屋さんで、調べてもらった。光軸は問題なく・・・しかし光量が最低ライン1,500のところ1,200しかないとの事。「でも大丈夫でしょう・・2レーンに入ったら、ヘッドライト検査のときちょっと前に出っ張れば大丈夫よ・・」と検査場のお嬢様?の言葉を信じトライ!
201204220006.jpg

自動二輪の検査はここ旭川陸運の場合、ブレーキ(前後) ヘッドライト だけで メーター検査など無し ブレーキも絶対落ちる人いないなって感じでほとんどのバイクが、ブレーキをかけるとブレーキテスタードラムに引きずられて行く感じ・・・
検査官が、ハンドル廻りを見て「全くノーマルですよね?」と聞かれ「はい」と俺!
一昔前なら、「750カタナのハンドルに戻しなさいとかスクリーンを外しなさいとか!シートベルト付けなさい」とか、熱いバトルがあったのだが、あきらかに検査官も俺より年下! 「KATANAの逆輸入はこのセパハンがノーマルなんだよ」とかぜんぜん言いたいんだけど言わせてくれないし、「KERKERの集合だってぜんぜん、騒音なんとか規制クリア以前の(古いって事)代物なんだよ」っても言わせてくれないので残念!せめて巻尺でハンドルの高さくらい計って、「んんん、これは750Sではないですね」とか言ってくれれば張り合いがあるのに!こっちは16年ぶりの登録なんだからさ・・・
車検証の型式の「不明」の文字が意味理解してくれてるかな・・・
201204220007.jpg

さて 光軸、光量だが 1回目 ×
結論 光量 1,200ケルビン?だった テスター屋さんと同じ数値だった。テスター嬢のいうとおりちょっと前に出る攻撃を忘れた。挑戦はあと2回しか出来ない。


テスター屋では「間違いなくバルブが古くて暗いんだわ」という言葉を信じ早速 車検場近くのホームセンターで「5700K眩く白く目立つ」 なんて書いてある 格安のバルブを手に取る・・・しかし、良くみると「*競技用」とある。パッケージの裏面を見ると!*車検対応ではありません と 今回俺は車検が目的なので これじゃあまずい そこで同じメーカーの2個980円 3500K と書いてある物を購入。早速店舗前で交換。

さて時間も丁度13:00 ラインに入る。またまた混雑していて待つ事40分 検査員が近づいてきて「ああ、ヘッドライトね。行っちゃって下さい」なんて言われ 緊張の検査 回転も3500回転に上げトライ × 検査員「9000でしたね」 なんと前回より5000も下がった・・・。これは・・・

早速、テスターに再度行く! テスター屋で 同じラインに入っていた ゴールドウイングの親爺が、ぶつくさ言っていた。なんかあちらはもっと深刻な状況らしい。
テスター屋さん曰く「あああこのバルブだめです。ああああこういう場合には小糸やスタンレーなどちゃんとしたメーカーのH4じゃなければ絶対ダメ うちの在庫使いナ 1,400円なり(んん・・・) 早速再検査 でも 1200K「いやあ、バルブじゃなかったね」って。 時すでに14:00 この時点で限られた時間2時間。テスター嬢「このバイク外国製でしょ、ヘッドライトの向きが違うんだわ。。何年か前、KAWASAKIのバイクでも結局国内向けのライトに替えたら受かったもん・・」俺「そうです、SUZUKIだけどアメリカ車なんです」なんて会話して、それが原因と←信じて疑わず。「各目だから車のスタンレーのが合うよ、早速部品屋に聞いてあげるよ・・・」と嬢 またまた「お願いします」と俺 7000円だけど近所の自動車部品屋にあるとの事で直行。

自動車部品屋の店前で、フロントカウルを外し始める。在庫のパーツは色が違うもののばっちり交換OK! でも、だいたいポジションホールが付いていない。だいたい、今のヘッドライトは「MOTORCYCLE」と刻印されている。
これは、7,000円出してもあくまで車用!その場凌ぎに過ぎない。

さて、その部品屋の紹介で近隣のバイク屋(普通にハーレーショップ)に行くも!のっけから、そんなもの在庫あるわけありません!てな感じ!
またもや紹介してもらい スズキ系のショップに向かうが、もう 車検場閉まるまで50分もない!
こんなときは、いっそ諦めて出直すか・・・だめもとでがんばるか・・・!
当然後者を選択! 遠いスズキの店に行っても良い結果は出ないと判断。今来た道を引き返し、車検場近くのさっきバルブを購入したホームセンターの電気配線売り場に立っていた。残すは35分。5メートルの普通の電気コードを手にした俺はすかさずレジへ 680円也

駐車場で、まず シート、エアクリボックスを外し、バッテリーが見えたところで、そのケーブルを+と-に繋いでそれぞれ2メートルくらいで切る。すかさず、シートを取り付け、タンク下を通す、次にヘッドライトHIビームにして点灯、その後ヘッドライトケーブルをバルブの所より引き抜き、消えたケーブルに今のバッテリーからのケーブルをビニルテープで繋ぐ。もう一本をバルブから出ている黒い端子(アースは大抵黒白線)に繋ぐ。ばっちり、エンジンかかっても居ないのにハハイビーム状態!になった。(このとき確信したのは・・昼間なのに明らかに明るい!) 次いで ビニルテープをヘッドライト上部に3本ほど貼って HIビームを抑えて。このまま、テスターに走る。

テスターに付いたのは既に 車検場終了の午後4時5分前。すかさず「これならどうですかね!」 「ぜんぜん大丈夫です1750も出ています」「このまま、ゆっくりとラインに入ってください」といわれ。検査場へ・・・

2レーンにはまだまだ5台ほどの検査待ちがあって 本日3度目の正真正銘の最後の検査! 
検査官が、「今度こそは受かるといいですね」「どこを修理しましたか?」と聞かれ「電気が通りやすいようバイパス手術しました・・・」と俺 すると「それが一番ですね・・」と検査官 「ヘッドランプスイッチ動かしてみて」と言わないところが かっこよすぎ・・

テスターロボットが本日の2回とは確実に動きがよく きびきびと動いていたのが印象的で即○印!

なんだよ、全ての原因はハーネスだね!
ダブワンだって ヘッドライトアーシングしていないのに 問題なく光量OKだったのは、メインハーネス新品にしたからかもしれない。
なので、ハーネスを新品にするって言うのは実は非常に有効なレストア! アイドリングの不安定など、どこやっても直らない旧車は実はハーネス換えると調子よくなるのは良く聞く話。

気づけば 本日午前中よりずっとこの界隈うろうろ!
西日が差してきて、辺りが急に寒くなってきた
201204220008.jpg
新しいナンバープレートを購入して取り付けた頃にはすっかり、どっぷり日が暮れて、時刻は5時過ぎ
約20年ぶりの車検証をみて、ずっと自動車税だけ継続して払っていた自分に後悔
でも車検証の型式は「不明」今まではカタカナだった。そして何より 車検証に走行距離が記載されている。これが履歴の無い初の距離 6800mil となった。
arget="_blank">201204220009.jpg

KATANAのナナハンの逆輸入車の純正新品ハーネスなんて入手できないと思うので、ヘッドライトハーネスの購入を早速した。DAYTONA製で5080円也

取り付けは次回!!
スポンサーサイト

【KATANAのサイドカー計画】 | 固定リンク | レス:0
(2012/04/24(火) 00:15)

<<KATANAのサイドカー計画【ヘッドライトハーネスとアーシング】 | ホーム | 【KATANAのサイドカー計画】サイドカーにハムを付ける!>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

copyright © 2005 いしやん@GARAGE LIFE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア