いしやん@GARAGE LIFE
   いしやんの運営する「KsGARAGE」の紹介、現在のガレージ内:KAWASAKI W1SA:SUZUKI GR71A(カタナ逆輸入):HONDA NX125他
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いしやん@W1SA・KATANA

Author:いしやん@W1SA・KATANA
ダブワン+SC!!

W1SAのパーツ

KATANAのパーツ

サイドカー

お勧め オークション

ガンマ

ランドナーパーツ

 「ON THE ROAD 2015 」 この数奇な瞬間
昨日「ON THE ROAD 2015」に行った。
今回実に16年前の横浜スタジアム以来・・・
当時 アジサイの花などスローバラードを事前予習していかなかった為に、ライブ終了してから何度も聞いて、後から復習って感じで
ミサに行く前には自分自身も盛り上げていかないとイケナイ事を実感し、今回は 「旅するソングライター」を各曲100回は聞いて、身体中のDNAを全てハマショーに染めてから、コンサートに向かった。

ただ、今回、尋常では無いチケット入手だった。
7月18日の東京出張の最中に1次販売、発売期間は1週間ほどあるので余裕かまして翌日に予約するものの、残念なメール「落選しました・・・」2次販売は8月5日~10日、お盆の前の一番忙しいときに脳内をハマショウモードに変換し予約・・するもののまたもや落選・・・そして直前販売という3回目の販売9月21日の連休中のどうしようもなく忙しい時期にあり申込するも、あえなく「落選」メール。そして10月3日「当日販売」省吾(正午)からの発売に運良く休み・・・11:57からネットの前でひたすらクリックし続け、何故か自分の目の前に予約申し込みページが突然現れ、なんだか判らず、個人番号を入力して、エンター押したら、販売終了となり・・・(涙)の4回目・・・・この予約は予約=(イコール)決済で10分の決済期限しかない・・・という事は10分後にキャンセルが絶対出る と信じ 12:11分 突然予約ページが現れ、おろおろしながら、エンターキーを押したら====予約完了の赤いページが・・・・出た! すぐさま 決済し、QRコードを入手。そして友人の67歳同僚の分を再度トライ開始したのだが、予約ページは既に閉じていた・・・・
ということで、友人に謝罪し「楽しんできて・・はましょーー」の言葉に後押しされ。
ソロで 「ON THE ROAD 2015」に参戦となった。

conv0012_20151004205945447.jpg

事前にNHKラジオの特番で今回のON THE ROADは「旅するソングライター」収録の曲全部やります。。と言っていた。という事は、俺の好きな80年代楽曲はやらない・・・少なくとも「路地裏の少年」や「片想い」なんで絶対歌わないんだろうな・・と思い。新譜2枚組を予習しておいた。
その予習が結果的に叶ったのだが・・・18:00から始まったコンサートは途中15分の休憩(ハマショウタイム)を挟み、21:00近くまで続いた。
conv0013_20151004205947e1f.jpg
途中ハマショウ様、「もー俺も若くはないし(会場から・・・うおおおおお) 皆椅子に腰かけて(会場から・・・うおおおおお) スローなバラード聞いてくれよな!(ギター1本で登場の浜省様) 出てきた歌が 「花火・・・」この歌は直訳すると最愛の両親が別れる父親の唄。普通の日常を送っていた父親が突然いつもの様に車のエンジンをかけ、出かけて行き・・気づけば5年目の夏の花火 という唄。
そして、今回のアルバムにも入っている その後の子供たちからの目線で描いた詩「夢のつづき」をギター1本で「花火」に続いて会場に語りかけるように唄った。
私の左隣に居た、私よりも間違いなくお年・・・の方が泣き、俺も涙が出てしまった・・・・
イントロだけですべての楽曲が言える俺もおれ・・・だが。
そして、「アジアの風」ハマショウの反戦ソング(戦争の反省ソング)が今回も多数あり、そして「ハッピーバスディソング」「恋する気分」「光の糸」もちろん「旅するソングライター」「マグノリアの小径」ではトスカーナの景色がまるで美瑛の様だったし、「きっと明日」で励まされ・・クリスマスソング「サンシャインクリスマスソング」ではいつもと同じクリスマスイブの景色が今年がいつもと違う・・・なんて・・・ハッピーバスディソングで会場内でハーモニーには無理がありますぜよ、皆年寄りなんだから・・・
で、ここで、今回の「ONTHE ROAD2015」の他の会場では絶対に、ありえないと思われるトラブルが・・・発生。「アジアの風祈りPart2青空」を唄い始めたハマショウ様の音声が出ていない・・・すきとおる真夏の青空を切り裂いた白い光黒い雨あれはいつ氷雨降る・・・・のパートまで音声が途絶えた、これは演出なのか・・自分の耳がおかしいのか、気が狂いそうになった。マイクを持ったスタッフが途中舞台袖から現れ、手には交換用のマイクを・・・でもハマショウは全く動じない。。。そのまま 「あまりに多く血が流されたあああ、とてつもない悲しみが襲った・・ちがうか?」とメッセージを会場に投げかけた・・・そう。これは今日、日本が抱えている大きな問題を唄っているのだよ。
どんな状況でも動じない、プロとして仕事を全うする、浜田省吾に 俺はまた、頬に1本の水が流れた・・・
「銀色のリンゴが枝から落ちて、少年の手の中、静かに少女と別け合い未知の世界へと旅立つ」 この歌は俺の中で今回のベストと思う。ハマショウの80年代テイストそのままの拳を握りしめて空に向かって突き上げる。そんな楽曲!

そして、まさか、この年になって「J・BOY」 やはりハマショウ 手のひらの人差し指と親指で「J」マークを空に突き上げ 全員で「ジェーボーイ」唄うなんて、もう絶対体験出来ないと思っていたが、やってくれた。

また、昔の唄はやらない という情報があったのだが、なんと、ここにきて アンコールで AIDO 不滅のナンバー「二人の夏」かよ。
まるで、ハワイでアロハーじゃねえかよ。
そして、定番「ON THE ROAD」「I AM A FATHER」
まさかの「路地裏の少年」「MONEY」「風を感じて・・」などはなかったものの、感動で一杯だった。
何といっても、今朝起きた時には、夜「ON THE ROAD2015」の会場に居られるなんて全く想像出来なかった。
あまりにも突然で心にも準備が必要ですぞよ、ハマショウ様・・・・・・

次回は1月7日 東京国際フォーラムA に照準を合わせ、密かに計画
詳細は → http://sh-otr2015-2016.jp/mp/charity
スポンサーサイト

浜田省吾 「我が人生の羅針盤」 | 固定リンク | レス:0
(2015/10/04(日) 21:32)

<<ハブベアリングの交換 3部作完結(Rホイルハブ) | ホーム | サイドカー走行中の異音の原因究明(3部作-その2)>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

copyright © 2005 いしやん@GARAGE LIFE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア