いしやん@GARAGE LIFE
   いしやんの運営する「KsGARAGE」の紹介、現在のガレージ内:KAWASAKI W1SA:SUZUKI GR71A(カタナ逆輸入):HONDA NX125他
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いしやん@W1SA・KATANA

Author:いしやん@W1SA・KATANA
ダブワン+SC!!

W1SAのパーツ

KATANAのパーツ

サイドカー

お勧め オークション

ガンマ

ランドナーパーツ

 マグマ紀行-2【道南・蟠渓温泉-オサルの湯】

R435を洞爺湖方面から向かうと 壮瞥町のはずれに「蟠渓」という集落がある。


長流川(サルカワ)の橋を渡り 国道が直角に左折し左側の赤い橋からみえる。


osaru-1


源泉は至る所にあり、上流部から連写したのでレポートします。


1の湯


osaru-2


明らかに手作りの湯船 しかし 足湯程度(藻が多い) 増水したらなくなる。


このあたり、岩がすべて温かい


寝転がれば 天然の岩盤浴である。


時間があれば スコップで掘ってみたい!


 


2の湯


osaru-5


ここは、この湯船の右側の源泉から引き込んだ手作り湯船 


先ほどまでカップルが大胆に入浴していた、聞くと源泉湯船は熱くては入れないのだそうだ。


3の湯


osaru-1


ここがメインといったところ、増水時と冬にはいいかも、バケツがあれば温度調節できる。


コンクリで簡易製作されている


4の湯


osaru-6


 ここは、岩くりぬきタイプ 道路に近いので 重機があれば、簡単に出来るのだろう


しかし、ここは、ぬるくしかも、湧き出る量が少ないせいか、藻の住みかとなっている。


もし、ココしかないならトライするが・・・しかしな。


5の湯


osaru9


一番 深くて温度もちょうどいい 5番目の「巨石の湯」に入湯する


足元から源泉が出ており 気をつけないと火傷する。


噴出し口には巧妙に丸石がおいてあり、五右衛門風呂の醍醐味である


ただ、目の前の巨石がずり落ちてきそうでビビル!


源泉吹き出し口に湯船があり、しかも、


大人2.3人いれば30分ほどで出来そうな湯船で野趣抜群である


6の湯


osaru-7


ここは、微かに温かいが、藻がおおい。


 7の湯?



osaru8


と思ったらここは、上にある湯治場の排水出口(温水)である


全体図(上流より)


osaru-4


夏はわかりずらいが 雪の季節はこの辺りのみ雪が融けて湯煙となっているだろう


 


行き方だが、支笏湖方面からトライする場合には、


北湯沢温泉の 第2名水亭 第一名水亭 ホロホロ荘 を脇に見て進み


セイコーマートを過ぎ 右に赤い橋 右手に


osaru12


という温泉設備があるので このすぐ裏手の川原である。


osaru11



これが、入り口の看板(錆びていて全く判読できない)


駐車場の注意書きには 「ここは駐車場以外の利用を禁止します」とある


要は、キャンプするな とのこと、近くの公園でチャリダーがキャンプしていたが


 


【アクセス】 ★★★  




【野趣度】 ★★★★★




【温泉泉質】 ★★★★




【総合評価】 ★★★★★    (最大5個 ★が多いほど感動が多い)


 


国道脇で、よくある普通の川で脱衣設備はないとこが○


年に数回の増水のたびに湯船が流れるらしい。


この辺りは 洞爺湖温泉、北湯沢温泉、オロフレ峠を越えれば登別温泉と


温泉街が近く、あまりこのような野趣野天風呂は注目されないのかも知れない。


 

スポンサーサイト

【マグマ紀行】北海道編 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/09/15(金) 00:01)

<<【N360】  やはり燃料系統か? | ホーム | マグマ紀行-1 【道南・平田内温泉-熊の湯】>>

コメント
  それがさ!
それがさ!行ったのがもう9月だろ! ブヨは活動してねえんだなこれが!虫いねえし、お湯は熱いし!別天地だぜよ。 ただ、ここは、知らねえと間違いなく通り過ぎる 国道沿いだから間違えようがない場所だが!冬なら雪が解けていて湯気が出ているから判り易いが、それ以外は先乗りがいない限り見つけにくい場所でRので注意!
ただ、若いカップルがかなり大胆に入浴していたのには驚き!まるみえじゃん!目のやり場に困った!
URL | いしやん #/WLvOrvc | 2006/09/16(土) 13:08 [ 編集 ]

  かなり
よさげな温泉だな。
知らなかったよ。
ブヨとか大丈夫だったかい?
URL | unidon75 #- | 2006/09/15(金) 01:04 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://aplaceinthemoon.blog36.fc2.com/tb.php/30-331b83d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 いしやん@GARAGE LIFE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア