いしやん@GARAGE LIFE
   いしやんの運営する「KsGARAGE」の紹介、現在のガレージ内:KAWASAKI W1SA:SUZUKI GR71A(カタナ逆輸入):HONDA NX125他
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

いしやん@W1SA・KATANA

Author:いしやん@W1SA・KATANA
ダブワン+SC!!

W1SAのパーツ

KATANAのパーツ

サイドカー

お勧め オークション

ガンマ

ランドナーパーツ

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 【GF250のレストア】-エンジン始動なるか-1
このGF250はどうやら 2型らしい
自分の知識の中では 1型は丸目のFシングル 2型はハーフカウルのダフルディスクと思っていたが S-2という中途半端な形式があって 丸目でシングルディスクだがカラーリングが特徴的な(GFの文字がでかい)車体が存在していてどうやら所有しているのはそれらしい。
ハンドルスイッチが1型と違い どうやらプッシュキャンセルになった過渡期の形式らしくS-2型からプッシュが採用されているが問題なのはチョークレバーのデザインが違う。よってチョークワイヤーがまるで違うのである。当然1型のPLしか持っていないので違う部品がきた。今回同時に頼んだダイヤフラムも片方プラスチック部が1型=白 2型=ベージュ である 形状は同じだが 部番が違うのでおそらくは対策されているんだろう。ということはもしかするとわざわざ高い価格で旧式の部品を注文したということか?部番が違うので完全互換とは言いづらい。このパーツは2個で1セット機能なので片方のみ替えても大丈夫だろうか?・・・・間違いなく大丈夫だろうケド!
さてさて、GF250-2もハーネス、キャブ、メーターも付き後はタンク洗浄のみとなりました。
本当は、サブタンクを付けてひとまずエンジン始動しておきたかった。
よくよく考えて見ると、セルはちゃんとまわるのか?圧縮はあるのか?オーバーフローしてしまわないか?実は全く試していない。
走行が7400キロ これを鵜呑みにするのであればおそらくは大丈夫と思われるがなにせ20年近く放置されていた車輌なのでなんとも。
いじってみておもったのはこの車輌左にこけている。しかし大げさな立ちゴケ程度と考える 主なダメージはラジエター左部へこみ&クラック ウインカーレンズ割れ、ステップ先端傷。しかし集合のある右側は全くキズがない。
書類から判断するに北関東の空っ風のホコリの多い所で一応屋根の下に放置。所有者は80年代のバイクブームに彼氏に誘われて乗り始めた女性ライダーで現在40歳前後、中古で程度のいいGFを購入したものの一度左に立ちゴケしたきり乗るのが億劫になり、最初はガレージ 次は軒下にて長期保管されていたんだろう。または、下取りにだされたっきりバイク屋か解体屋で放置され、北関東特有の乗れないバイクばかり収集するお方に発掘され遠く北海道まで来たんだろうか?
タイヤは純正(AMX ダンロップ)だし全てのネジが錆びているが舐めていない。カラーリングは左側が特に焼けている。長期間その場所で動かずに太陽を浴びていたと考えられる。
レストアラーには錆びよりいじりまわしている車輌のほうが厄介で、エンジンとか開けた形跡があると萎えてしまうのである。
KAWASAKI系の2STとか空冷大排気量となるとほとんど純正状態の車輌はすくなく。高く販売している程度のいい車輌ほど兄弟機種の組み合わせである。
W1もそうで、どこがSでどこまでSAか良くわからない車輌をみる。たまにW3とSAの融合車輌を見かける。ああいうのをみると非常に気持ち悪くなってしまうのはおたくの領域かいな?



【GF250のレストア】懐古編 | 固定リンク | レス:0
(2008/10/30(木) 04:47)

 【GF250のレストア】-4 キャブ&Fキャリパー編
やはりというか 内部は固着&黒ずんでいる しかし 腐っていたガソリンのためか さびが無い
200807140001.jpg


全ての可動部が固着している。まずは、キャブクリーナ漬け。
200807140002.jpg


キャリパーピストンは抜けず バーナーで炙る
200807140003.jpg


すると、簡単に抜ける
200807140004.jpg


バイスで加えて コキコキ回す。
200807140005.jpg


外したピストンは再利用 真鍮ブラシでゴシゴシ
200807140006.jpg


フロントだけで4個もピストン いらねえしな
KATANAなんて片押しシングルだもんな きかねえけど
200807140007.jpg


格安のパット 確か800円くらい
200807140008.jpg

そんな感じで フロント側終了!
200807140009.jpg

【GF250のレストア】懐古編 | 固定リンク | レス:0
(2008/07/14(月) 23:57)

 【GF250のレストア】-3 抹消から丁度10年
バラしてみて判るのだが このバイクは全てのネジ山になめ痕が無い。ということはエンジンはおろかFフォークすら外された痕跡が無い。
こういうバイクは整備バージンであり、見てくれが悪いが程度が良いと思われる。
200807120001_20080712225701.jpg


まずは、車体を立てるために、F周りを取り付ける。センタースタンドのスプリングが外れてしまったのが厄介!ラジエターの左側が大きくへこんでいる、よく見るとクラックが入っている。
200807120002_20080712225711.jpg


エアクリーナースポンジは見るも無残な状態 グザフザ!
200807120003_20080712225719.jpg


クラッチレバーは根本から無い。
ということはこの車両少なくともH8年以前に左にコケ クラッチレバーをもぎ取り ラジエターをへこませ そのままお蔵入りの運命をたどったのか?
200807120004_20080712225726.jpg


さびは酷いがエンジンを開けた形跡なし
200807120005_20080712225745.jpg


たぶんこれ キャブのOHだけでかかるわ!
200807120006_20080712225821.jpg


タイヤも当時のままだし
200807120007_20080712225832.jpg


あとでUPしますが マフラー、タンク、外装他 酷く焼けているものの、よくあるへこみやカウルのボッチ欠け、タンクへこみなし マフラーにいたっては立ちゴケ傷すらなし。
200807120008_20080712225844.jpg


見てくれ悪いけど 変にいじりこわし も 無いし 結構いいかも!
【GF250のレストア】懐古編 | 固定リンク | レス:0
(2008/07/12(土) 23:16)

 【GF250】-2 やっと梱包を解く
結局キャリパー類はバラしてドブ漬けして数ヶ月!
200807120001.jpg


フレームはこんな状態のまま1年半!
200807120002.jpg


やっと本日梱包を明ける!
200807120003.jpg


新品パーツも多数注文した!が!
200807120005.jpg


なんせ 時間が無い!
今日はFフォークのOH サスペンションオイル#8と#10の混合 交換!シールはパーツ取りしてあるがダストシールのみでインナーはやらず!
200807120006.jpg


タンククリームはタンクの錆び取りと樹脂コーティングの為
200807120007.jpg


ガレージの中にはいろんなパーツが散在 たぶん無くしてないが。。。!
200807120008.jpg


200807120010.jpg


まあ、今日は久しぶりの雨 なので まあ すこしづつ!仕上げる とする!
200807120011.jpg



【GF250のレストア】懐古編 | 固定リンク | レス:0
(2008/07/12(土) 01:30)

 【GF250】-1 やっと始まるレストア編
SUZUKI GF250というバイクをご存知でしょうか?
このバイクほどマイナーな機種は無い!おそらく有名でもなく稀少でもない。コレクターの心も揺さぶらない。こんなバイクはとても珍しい! もしGS250FWならスズキ初のクオーターマルチと思うしGTなら2ストでKAWASAKIのKHシリーズとともにマニア陶酔である。また、GSXであれば4バルブ化されたDOHCでメカニカルなイメージもある。これからOHする2バレルキャブなども不人気車の筆頭である。では、なぜこの85年式を仕入れてしまったのだろうか?というと、純正クオーターマルチ集合管の排気音がとてもいいサウンドなのである。当時2ST250に乗っていたとき峠で休憩しているとGFとCBR250が方や重低音、かたや高回転のモーター的な排気音でコーナーリングして行ったのを今でも思い出す。排気音が凄く良いのに遅いのが特徴だった。当然当時の私は限定解除直後だった事もあり、全くこのバイクに興味が無くVT同様、免許取りたての女の子バイクと思っていた。(現にそういう単車である事に間違いは無い)このバイクが上がったら林道&温泉ツーリングをしようと考えている。まあ、高速も乗れるし、保険も安いのが最大の理由。まあ、いじり倒したいのも理由のひとつ。
箱詰めで送られてきた! 1万円なり!

GF250主要諸元
メーカー:SUZUKI  年式:1985 馬力:41.0PS/12500RPM トルク:2.40KG/10500RPM エンジン形式:水冷4サイクル並列4気筒(DOHC)8バルブ ボアストローク:44.0×41.0㎜ 圧縮比11.3 始動:セル 排気量:249CC 重量:139KG 最大乗車:2名  サスペンション:前テレスコピック 後フルフローターサス インナーチューブ外形:35㎜ エンジンオイル量:2.6ℓ Fフォークオイル量:R342.2ml L338.6ml チェンサイズ:RK520SM (DID520V4) 点火プラグ:C8HA(U24FS-U)標準  キャブレター形式:BSW24 油面調整基準:20.5㎜ タイヤサイズ F:100/90-16  R:110/80-18 バッテリーサイズ:YB10L-B2(FB10L-B2) 新車価格:45.9万円 全長:2040 全幅:720 全高:1085 軸距:1370        

conv0002_20080301140245.jpg

リアホイルは腐食がかなり進んでいる、しかしチェンオイルの付着があり片側はそれほどでもない、まずは、スチールたわしでこすり、ワコーズのアルミコンパウンドで磨く。

conv0001.jpg

ただ、この作業をしていると。ブラストが非常に効率的と考える。しかし、暖房の無いガレージ内でブラストすると間違いなく凍傷になる。しかし、その事以前にブラストキャビネットはだいぶ以前に壊れて廃棄してしまった。

conv0003_20080301140327.jpg

ブラストなら、アルミナ#50 とガラスビーズ#200 だな。
と想像しながらひたすら磨く。

conv0004.jpg

当方所有のW1SAの前についていたFフォークと比べるとかなり綺麗な方!
これは、なべ磨き用のスチールたわしとワコーズメタルコンパウンドで磨くと見る見る綺麗に。この状態ならインナーチューブシールは交換しなくても良さそうだ。ボトムの六角はネジロックが入っている為、インパクトで無いと外れないので、その必要がなく良かった。

conv0006_20080301140414.jpg

逆さまにしてストロークを激しくしてみたがオイル漏れは無い!シールは一応注文したが今回は交換しなくても良いだろう!

conv0007.jpg

ダストシールは全くダメ これは、交換! アウターチューブは塗装されている為か、とても綺麗なのでCRCで拭いただけ!
今回はこれで終り! 次回はブレーキ編
【GF250のレストア】懐古編 | 固定リンク | レス:1
(2008/03/01(土) 15:16)

前のページ
copyright © 2005 いしやん@GARAGE LIFE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。